山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

イタリア旅日記2

寒い。とにかく寒い。
今朝は8時出発のロケで、小雨のなか、美術館の前で、絵の搬入を待つ。
これがイタリア時間のせいか、絵が到着したのは、一時間半後。
すっかり、身体中が冷えきった。

仕事は順調だけど、天気だけがいじわるをする。
寒さと雨と。
冬仕度でこなかったことをつくづく悔やむ。

あるイベントを撮影しているのだけれど、どこの国であろうと、クリエーターのひとたち、職人さんたちは、みんな同じだなとしみじみ思う。
少しでも、良い方向に向かって、模索する姿は美しい。その時は、言葉も国境も越える・・大袈裟にいうとそんなことを考えてしまった。

カメラマン、ビデオエンジニアはじめ、技術スタッフはみんなイタリア人。
カメラはさすが映画の国、ワンカットごとのきりとりが鋭い。映像を見て安心する。
現地スタッフは、ランチにビールをのみ、食後にはグラッパを飲む。すごいな。

ロケは続く。