山田あかねの一喜一憂日記

心に引っかかるテーマは前後の見境なく取材に行きます。映画、テレビ、本つくってます。

韓国と沖縄は似ている。

先週末、沖縄にいたのであるが、初めて行った那覇の印象は、ソウルに似ている、だった。

ソウルと那覇では気候も違うし、民族性も違う。けど、どこかで見た風景だなあ、どこだろうと思ったら、ソウルだった。

その理由は建物にあると思う。民家の建て方が似ているのだ。民家といっても伝統的なものではなく、半世紀くらいの間に建ったもの。新しいビルは近代的という意味では似ているけど、それは東京も同じだから、理由にならない。

中くらいの歴史を持つ建物が韓国と沖縄では似ているのだ。

はい。答えは簡単ですね。
そう、米軍です。
沖縄でいくつかの米軍基地をフェンス越しに見たけど、古い米軍施設の建物のありようを見て理解した。
沖縄も韓国も近代化以前に、米軍が駐留している。そこで、新しい建物を建てるときに、米軍の施設がお手本、または、参考になったのだろう。

例えば、地元の大工さんが、米軍の施設を建てるのを手づたいに行く。見よう見まねで、その方法を学び、民家を建てる時には、米軍で学んだ建て方で作っていく。それが次第に広がっていく。

結果、沖縄とソウルの街はたたずまいが似ているのだ。

あと、スパムという缶入りのソーセージを使った料理があることも同じ。
沖縄では、ゴーヤチャンプルにスパムがはいっていたりする。
韓国でもスパムをメインにしてインスタントラーメンとキムチで煮た鍋がある。

米軍の駐留のよしあしはともかく、このようにして、草の根レベルで文化は伝達していくのだなあと
思った。

人柄がいいのも、韓国と沖縄は似ているかもしれない。

そんなことを、ロケの合間にぼんやり思い出していた。

明日もロケ。うまくいきますように。