山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

議員宿舎で犬が飼えるのか。

朝までかかって、某脚本を書いていた。それで、さっき目覚めた。眠っている間に、いろんな事件が起きていた。ザードのひとが自殺(事故?)していた。大臣も自殺していた。議員宿舎で、犬の散歩用のヒモで、首をつって・・。

不謹慎なことを自明としていうけど、この「犬のヒモで自殺」というくだりにひっかかってしまった。そうか、犬のヒモか。ということは、この方は犬を飼っていたのか。議員宿舎にも犬はいたのか。ということは、議員宿舎は犬飼っていいのか。いや、単に犬のヒモを持ちこんだだけかもしれない。犬のヒモ、持ち込み禁止なんてことはないだろうから。いやしかし、死を前にしたとき、犬のヒモとは・・。それともそういうときって、ヒモの出自なと気にならないものだろうか。一刻も早く楽に・・と思うのだろうか。それとも、自分の愛する犬の匂いがふんわりする、犬ヒモで旅立とうと思うのだろうか。失礼。不謹慎を承知だが、どうにも気になってしまった。犬のひも。自分には特別だからなー。

寝ている間に、金曜の「時効」の視聴率が出ていた。11.7%。結構な高視聴率らしい。監督からお礼メールも来ていた。まずはめでたしか。視聴率よければすべてよしか。(嘘)。

ということで、ぼんやり頭に冷水をかけられたように、寝ている間にいろんなことが起きていた。