山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

ドッグランで犬、走らず。



実は、昨日は、代々木公園のドッグランに行った。(実は…と大げさに告白するほどのことでもないが)。
で、写真は、ドッグラン内の写真。なんだか、ものすごい混んでた。



見知らぬプードル(たぶん)に、挨拶する、うちの犬2頭。



なかには、檻の外をじっとり見る犬もいて、なんとなく、収容所っぽい雰囲気もある、ドッグラン。

うちの犬たちは、双方年寄りなので、ドッグランはそんなに楽しくないようだ。来ている犬たちは、1歳~3歳くらいが圧倒的に多い。ひとに直せば、10代~20代ってところで、うちのカナは70代、ミニだって、せいぜい40代であるから、若者の合コンにおばちゃんとおばあちゃんが紛れ込んでしまった気分なんだろうか。あんまり居心地がよくないみたいで、しきりにミニから「帰りたい」シグナルを受け取った。

が、それでも1時間くらいはいた。だって、楽なんだもん。自分はベンチに座って、いろんな犬を見てる。カナミニには自由にしてもらって。でも、彼女たち、そんなに遠くに行かないし、けんかもしないので、楽々。

その後、二頭を連れて、園内を歩き回る。代々木公園は広くていいなー。ロンドンのハイドパークみたい。ただ、どこかのバンドの練習(ライブか?)の割れたサウンドが公園ないを響いているのは、ちょっとなー。もっと静かだったら、もっといいのに。

今日は、府中まで、ジャパンカップに行ってきた。結果…聞かないで。っていうか、1万円ほど負けました。ま、いいんです。儲けるために行ったんじゃないから。取材です、取材。

明日から、新しい一週間。毎日を大切にしないと、07年はすぐに終わってしまう。
う、クリスマスまでちょうと一ヶ月。といいつつ、クリスマスより有馬記念のが気になるわたしであった。