山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

なにもない土曜日。

おう、三月になってしまった。おう、おう、どうするんだよー。

というわけで、とりたてて書くことありません。昨晩から、ずっとずっとひきこもって書き物しているので、何事もなし。

今日の夜、近所に出来た寿司屋さんに行きました。カウンターだけのこじゃれた店です。ファッション誌のモデルさん(たぶん)とか、外資系の会社のひととか数名がお寿司つまんでた。寿司はご飯の部分が小さくて、ネタも新鮮で、結構おいしかった。けどーかなり高かったなー。ちょっと高すぎじゃね?それとも、おまえら二度と来るなっていう店からのメッセージか。わからん。高いので、自分で支払うなら、あんまり行かないと思いました。と、小さな出来事でした。

沖縄の女子中学生の事件が、実はとっても気になっていたんだけど、なぜ、気になっているかは、かなりプライベートな部分に抵触するので、公の日記にはさすがに書けないでした。いつか、このことを、自分なりに昇華して、書き物にしようかなと思ったりしました。…ってなんのことかわからないよね。失礼。

ということで、仕事ひとすじ。とくになにもない土曜日でした。
それでも、クリックよろしくね。