山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

今年も残りわずかなの。

今日、ショックだったこと…。

三越の「おせち料理案内」のDMが入っていた。もう、おせち料理?早すぎるよ-。

ファッション業界でも、8月くらいから、「秋物」を売り始めるけど、早すぎたよなあ。こっちはまだ夏の終わりの気分でいるのに、まだ、カゴバックもって外歩いているのに。もう毛皮とかブーツとかセーターとか言い出している。いわんや、おせち料理とは!

おせち料理ってことは、来年ってことで、すでに今が、晦日…今年ものこりわずかってことでしょう。だめだめ。私の気持ちのなかでは、また、09年は始まったばかりなのだから。なんも達成されないまま、また、一年が終わるなんて、困る~。

と騒いだところで時の流れは誰にも止められない、フェアでクールなものだからなー。夏が終わると一気に、今年も残りわずかって気持ちになる。しかたないか。

じゃあ、すでに今年の反省でもしようかな。ついでに来年の抱負とか。クリスマスプレゼントは何がほしいかとか。はあーっ。

とはいえ、今週はいろいろ宴会もあるし、芝居も見に行くし、人生を楽しもう。ぐだぐだ言ってないでさ。

今日は日曜だけど、一日寝ていました。これまでの疲れがマックスな感じで。夜から少し、小説の仕事をしようと思います。はい。まじめなわたし。