山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

映画「すべては海になる」初出!



写真は、今週号の「週刊ダイヤモンド」です。なぜ、これが、アップされているかというと、自分の初監督映画、「すべては海になる」について、掲載されているからでした。これが初出!ってことになります。

記事ではなく、最後ページの編集後記の部分に、試写を見てくださった、編集者の方が感想を書いてくれたんです。経済誌ですから、自分の映画などは、なかなか重なる部分が少ないのですが、こんなふうに書いてもらえて、とてもうれしかったです。(興味のある方は、「週刊ダイヤモンド」購入してみてくださいねー)

経済界の方とか、リッチな方々とかが興味を持ってくれたら、いいなーと考えております。
「このひとの次の映画に、出資したいのだが…」なんてことになったら…!!と想像をたくましくておりますが、小さなきっかけで人生が好転することなんて、よくありますからね。

自分はおよそ、「経済」から遠い人間のようではありますが、実は、そうでもなく、とても興味があります。渋谷で働く社長の藤田晋さんのブログは毎日読んでいるし、「カンブリア宮殿」は好きな番組だし、ドラッガーの本をはじめ、「わたしはどうやって、成功したか?」みたいな本を読むのも好きであります。

社長さんってユニークなひと多いし。

企業家、社長業…もう一度生きるなら、そういうこともやってみたかったなーと思います。会社って生き物だから、経営ってとてもクリエイティブな仕事でありましょう。

そんなわけで、映画のこと、書いてくれて、(ほめてもらえて…)、とてもうれしかったです。ありがとうございます。ダイヤモンド様!!