山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

イギリスの捨て犬施設その4

イギリスの捨て犬施設その4…と大きく出たけれど、それほどの話題は残っていないです。

バタシードッグ&キャットホームは今年で150周年なので、その関連グッズがいろいろ売られていたので、軽くご紹介です。


犬文字で150と書いてあるTシャツ。

それから、鉛筆と筆箱のセット。

犬や猫の表情がかわいい切手と葉書。それに、この施設のロゴのピンバッジなどを買いました。

もっと、近くで見たいですよね。はい。



特にこのピンバッジに惹かれたので、いくつか買って来まして、犬好き、猫好き仲間へ配っております。

これらのグッズ売り場しかり、寄付によって成立していること、ボランティアの起用など、非常によくできたシステムです。



ボランティアによって、成り立っていることを知らせるポスター。



一年間に10万人がこのホームを訪れたそうです。犬や猫をもらいに…。



犬と遊ぶスタッフさん。



こんなコもいました。

日本でもこのような施設ができることが望まれます。

いやー自分がロックスターか、大大大ベストセラー作家だったら、すぐに作りたいですけどねー。

あ…今時、ロックスターじゃだめか。小説の場合は、本当に大大大ベストセラーくらいじゃないと、全然もうからないしなー。

IT長者とかじゃないとだめかな。確か、ここの猫の施設の新築費用は10億円近くかかったそうな…。

とほほ。

しっかし、お金だけじゃないよね。心意気だよね。

そんなわけで、いずれここで働きたいと決意をした捨て犬施設でした。

明日は、ロンドンのケネルクラブとハロッズの犬売り場について、報告します。