山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

イギリスの旅、閑話休題

イギリス犬の旅について、お送りしております。

今日は、ちょっと「犬」をお休みして、ホテル事情など。

パリからユーロスターに乗って、ひとりでロンドン入りしました。

着いたのは、こんなホテル。(The Bloomsbury Htoel).



大きなクリスマスツリーに出迎えられて、うれしかった。



部屋はこんな感じ。

前日までいたパリのホテルとは赴きがちがうけど、いい感じ。ひとりきりなのがもったいない。



バスルームは機能的でシック。

そして、なによりうれしいのが、このセット。



イギリスはどこのホテルに行っても、この「紅茶セット」が常備されている。

バスルームの水でポットでお湯を沸かし、好きなときに好きなだけ、紅茶が飲める!

ちゃんとミルクもついているし。

水のせいなのか、イギリスで飲むミルクティーって本当においしい。

御茶ノ水博士(いつもお茶を飲んでいる自分のこと)なので、この紅茶セットがあることは非常にありがたい。

いつも、携帯湯沸かし器を世界中に持って歩いているけど、イギリスだけは出番がない。

サイコーだ。



この夜は、ひとりだったので、ホテルのバーにて、夜ご飯。



パリでの暴飲暴食を反省して、質素にスープとパンにしました。

っていっても、ブログではパリの美食報告をしていないから、あまり通じないかもしれませんが。

とにかく、いろいろ食べてしまって…でも、映画と犬が自分にとって、最大のテーマだったので、そこらへんはアップしてませんでした。

またの機会に。

そんなわけで、この翌日、ハロッズ→ケネルクラブ→バタシードッグアンドキャッツホームに行ったのでした。

そして、バタシーのあと、ロングドライブ(4時間!)もかけて、サンドリングハイムという女王さまの町へ行きました。

そこで見たのは、レトリーバー種大活躍の、「狩猟」だったのです。



以下、次号です。