山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

のんびりしてすみません。

京都疎開5日目。

今日までの日々を多少の写真で振り返ってみます。

17日朝、新幹線に乗って、京都に来ました。



途中、雪景色が美しかったことを覚えている。

でも、道中、とても不安でした。



比叡山を臨む円通寺、近くのホテルに入りました。



少し歩くと、上賀茂神社もある、京都のはずれです。

こういう場所のほうが、のんびりできると思ったからです。

それと、25年くらい前に、同志社高校のアメリカ人の先生のドキュメンタリーを作ったことがあって、(自分の初めてのディレクsションでした)、このあたりには親しみがあったのです。

その後も、ロケで京都には何度も来ていますが、初めて作ったテレビ番組で訪れたときの印象が鮮烈で、「とにかく、静かで緑にあふれていて、気持ちのいいところ」と強く感じていました。

だから、今回、避難のようなかたちで京都へ行くと決めたら、自然とこの地域のホテルに予約をいれておりました。

しかし、それも昨日まで。連休で宿泊代があがってしまったので(昨日、書きましたが)、市内のビジネスホテル系のところへ移動してきました。

移動してすぐ、いろいろトラブルがあったのですが、(詳細は昨日の日記で)、トラブルといっても、現在の日本にとっては、「ちゃんちゃらおかしい」レベルのトラブルですね。小さいことです。

しかし、市内に移動したら途端に、昨日までいた自然が懐かしく、駅近くのあわただしさに耐え切れず、夕方近くなってから、
「詩仙堂」へ行って来ました。

初めてでした。住みやすそうな、小さな庵。小さな…といっても、現代から見たら、広いですけれども。

こじんまりした庭にたたずみ、抹茶をいただきました。



連休中でしたが、夕方だったせいか、それほど、ひとはいなくて、ひっそり、静かでした。



庭のいたるところに、椿が、咲き誇っておりました。

…とても、ゆっくりした午後を過ごすことができました。すみません…。

夜、ホテルに戻ってテレビをつけると、被災地では、コンテナのなかで生活するひと、車で寝泊りするひとがいるそうで、胸を打たれました。

さらに、野菜や牛乳から放射能が検出された…というニュース。

もし、自分が苦労して作った番組や映画や小説から、「放射能が検出されたので、全部、廃棄してください。絶対、誰にも見せないでください」って言われたら、どうだろう。

けど、酪農家にとって、農家にとって、そういうことなんだろうと思いました。

一生懸命作ったのに、誰にも見せることなく、封印される作品があったとしたら…。

あなた、および、あなたのスタッフから放射能が検出されたので、以後、仕事をすることはできません、安全のために、解散してください…って言われたら?

そういうことですよね。ミルクや牛は、酪農家にとって、かけがえのないスタッフ、仕事仲間みたいなものですよね。

牛たちの未来も考えると、本当につらいことだと思いました。

やっぱり、報道は見ておかなくては。

気持ちだけでも共有しておきたい…と思いました。

のんびり、お茶が飲める日がみなさんに戻ってきますように。

牛が笑えますように。