山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

「金曜の夜の楽しみは猫とドラマ」は寂しいか?

ここのところ、映画の感想ばっかりで、なんか、自分、そういうカテゴリーの人みたいで、ちょっといやになってきたので、ちがうことを書いてみよう。

と言った舌の根も乾かぬうちだけど、きっかけは、アメリカのテレビドラマ「glee」のなかのワンシーンです。

「glee」は、高校のグリークラブ=合唱クラブのお話ですが、合唱クラブっていうと、みんなで並んで、「美しき青きドナウ」とか、クラシック名歌を歌うイメージだけど、それはアメリカ、歌って踊る、 エグザイルとAKBがごっちゃになって、ロックありソウルあり、ミュージカルありの、おしゃれなクラブです。

(ドラマのなかでは、アメフト部や、チアリーディング部に比べて、「ダサい」とされておりますが、ちっともダサくないです)

で、これをですね、DVDレンタルで、毎日見ているんですけど、コメディタッチのミュージカルドラマなんですけど、かなり批評性が強いんですよねー。

まず、このクラブのメンバーは、アジア系、アフリカ系、ユダヤ系が所属して、それぞれの人種に関するジョークやら言及が結構あります。

さらに、ゲイもいるし、車椅子の生徒もいて、「差別」問題をユーモアたっぷりに描きます。いや、差別問題そのものを描くことはなくて、ジョークのネタにしています。

ジョークのネタにすることで、見ているひとの心にすくう差別意識を刺激する…って感じでしょうか。

それはそれで、毎回、ヒヤッとしながら見ているんですけど、昨晩見た回に、これらとはちがった、批評性を見出したので書いておきます。

人種や障害については、自分は専門分野ではありませんが、これから書くことはちょっと専門っていうか、ずっと、関心を持ってフォローしてきたことです。

「彼氏のいない人生はさびしい…恋愛こそが一番大切なもの…なのか?」…っていうテーマです。

それはこんなワンシーン。

主人公のひとりの女子が、ライバル高校の男子と恋仲になります。いわゆる、ロミオとジュリエット状態です。

グリークラブをとるか、彼氏をとるか…って迷う女子に対して、とある教師が、彼女を呼び出します。

そこには、目ためのぱっとしない20代後半から中年の女性ばかりが集まっていました。

「彼氏のいない女たち」です。

彼女たちは、言います。

「金曜の夜は、猫とドラマを見るのが一番の楽しみ」

かつて彼氏もいたけど、女同士の友情や義理やしがらみで、手放してしまった。以来、彼氏ができない…。

など、口々に「彼氏のいない不幸せ」を語ります。

そこから見えてくるのは、「彼氏を作ることのできなかった」「結婚できなかった」女たちというのは、みじめでさびしく、醜い…というメッセージです。

この集団を見て、主人公の女子は、決意します。

「大事なのはクラブ活動じゃなくて、彼氏だわ」と…。

もちろん、コメディドラマだし、物語はそんなシビアではないんですが、この作り…うまいなーっていうか、批評性に富んでいるなあと思って。

つまりさー、映画やドラマや小説で繰り返し描かれてきたのは、「彼氏のいる幸せ」であり、「ひとりぼっちの女のみじめさ」であるということ。

それを繰り返し、刷り込むように描くことで、女子は幼いころから、「愛される」ことを目指す。

だって、愛されないと、惨めな末路が待っているんですもの。

醜く太り、金曜の夜を過ごす相手が猫だけになる…という脅し…。

カップル文化の強いアメリカではこの「脅し」はもっと有効でしょう。

自分などもすっかり、この「脅し」にはまって、恋愛こそすべて、愛する男のいない人生はゼロ…と信じて大人になりましたよー。なまじっか、ドラマや映画や小説にはまって大きくなったせいでね。

でもさ。

大人になってやっとわかったことは、恋愛がすべてではないし、「金曜の夜、猫とドラマを見るのが一番の楽しみ」であることはちっとも惨めなことじゃないってことです。

金曜の夜、レストランで彼氏と食事し、朝まで一緒に過ごすこともまた、楽しいことかもしれないけど、それが一番じゃないし、そんな日ばかりじゃなくていいってことです。

しかし、ドラマや映画には、「カップル=最高!」「ひとりは惨め」という、脅しが満ちている…ってことを、このgleeというドラマは、ばらしているんですね。

ここらへんが、すごい。

「ひとりは惨め」と伝える製作者側のやり口を、客観的に描いてみせる。

この視点にあっぱれです。日本のねーテレビや映画じゃ、なかなか、これはできないですよー。

しかし、最近は、作り手よりも受け手のほうが、進んでいますので、「恋愛に興味ない」若者が増えておりますね。

ドラマや感涙小説が、アイこそすべてと繰り返しても、「だから、なに?」って知らんぷりする女子も増えていることでありましょう。

エンタメの影響力不足を嘆く…べきかとも思いますが、いたずらに、カップルじゃなければ死を!みたいな刷り込みが無効になりつつあるのは良かったと思います。

もちろん、いつだって、なんらかの刷り込みはあるのでしょうけれども。刷り込みっていうか、教育…?文化とでも呼ぶのかもしれないけど。

…ということで、ドラマの感想というより、ドラマのシーンに刺激されて、感じたことでありました。