山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

クリスマスに捨て犬。

ロンドン45日目。

今日は、朝からアニマルホームへ。

駅前も街もすでにひっそりしている。

アニマルホームもさぞや、静かだろうと思ったけど、行ってみたら、ボランティアは2人来てるし、そのほかの人も割と普通に働いている。

今日は撮影がメインだったけど、「コウの散歩をして」と言われて、まずは散歩。

コウ(秋田犬)はすっかり私になついてくれていて、部屋に入ると飛び跳ねて喜んでくれた。

私はサンタじゃないのにね。

散歩のあとは、「アニマルホームのクリスマス」というテーマを意識して撮影。

「犬たちへ、猫たちへ」とフードやおやつを持ってきてくれる人たちが何人もいた。「寄付」がとても自然な行為になっている気がする。

うれしいハプニングがひとつ。

犬舎を撮影してたら、レセプションのひとから、「友達が来てるよ」と呼ばれる。

「友達?」

クリスマスイブにロンドン郊外のアニマルホームまで、私に会いにきてくれる友達なんて、いただろうか。

不思議に思いながら、レセプションに行くと、そこにいたのは、英語学校の先生。

この先生も大の動物好きで、このホームから猫をもらったこともあるひとだった。

再会を喜びつつ、しっかり撮影もさせてもらった。

カレンダーや犬猫グッズを買って、寄付されて帰って行った。

インタビューしたら、こちらの文法の間違いを指摘され、さすが、先生!

この他にもハプニングが。

街をさまよっていたという犬がやってきた。

通りで見つけた人がつれてきた。飼い主の手がかりがないので、ホームで預かることに。

この一連の出来事を撮影したかったけど、犬を届けに来た人が撮影NGだったので、犬のみ、撮った。

クリスマスイブに街をさまよっていた犬…。

不安なのか、ご飯をもらっても食べもせず、犬の部屋のなかをずっとぐるぐる回っていた。少し、怪我もしているみたいだし。

そんなわけで、忙しい一日だった。

電車が早く終わるらしいでの、午後4時頃には帰ってきた。

明日は電車がないので、タクシーで行く予定。

どんなクリスマスになるかな。

犬たちは、特別なことがなくても、暖かい寝床とごはん、ちゃんと愛してくれる飼い主さえいれば、毎日がクリスマスなんだと思う。

みんなにも、ハッピークリスマス!