山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

台湾行ってきます。

台湾国際女性映画祭に、「すべては海になる」が招待されました。
東京国際映画祭で出会った台湾のディレクターが気に入って下さりまして、上映の運びに。

3月8日(木)はオープニング上映のようです。
トークありです。(っていうか、自分だけど)。

女性の方には気に入ってもらえることが多くて、4月は韓国ソウル国際女性映画祭にもよんでもらっておりまする。

アジアの映画って、女性のとらえ方がエロス方向なので、それになんだかなーと思っている女性映画関係者からは気に入られるんですよねー。

気に入ってもらえるのは嬉しいし、何度でも上映のチャンスがあることは有難いことです。

これまで、上映してもらったのは、フランスのパリとドービルと、ドイツのハンブルグでして、やっとこ、アジアも2国行けそうです。うれし。

台湾在住の方、どうぞ見にいらしてください。
台湾にお友だちのいる方、伝えてもらえると嬉しいです。

私も7日から台湾へ行きます。

2011-2012 第十八屆女性影展 歡慶38女影接力賽

台湾国際女性映画祭
映画祭公式サイト
http://yes38.pixnet.net/blog

台北 2012年3月8日(木)~11日(日)
高雄市 2012年3月8日(木)~17日(土)
新竹市 2012年3月8日(木)~18日(日)
花蓮縣 2012年3月10日(土)~11日(日)
 
「一江春水像海流 (すべては海になる)」
上映会場と時間
【台北新光影城】
3月 8日(木) 19:00~★
3月10日(土) 21:30~

【新竹市影像博物館】
3月10日(土) 14:00~★
3月15日(木) 19:00~

【花蓮東華大學】
3月11日(日) 18:30~
★トークショー付上映

※上映情報は公式サイトのスケジュール表を必ずご確認ください。