山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

「なつ」でございます。

そんなわけで、ご報告が遅れましたが、最近、ともに暮らす犬が増えました。

広島県呉市の動物愛護センターより引き取りました。

愛護センターにいた頃の「なつ」



5月にやってきたばかりの「はるる」と対面したのは、6月の初めでした。



「はるる」興奮して、ハラを出す。はるるもまだ、子供だし。



今ではすっかり仲良しで、時に並んで、オモチャを破壊したり、



「はるる」が「なつ」のトリミングをしたりしている。



背中合わせで眠ったり、楽しくやっています。



そんなわけで、「なつ」でございます。



以後、お見知りおきを…。

「なつ」という名前の由来は、もちろん、「はる」の次だから…という、非常にイージーなものであります。

「なつ」は♂で、3ヶ月くらい。ゴールデンレトリーバーっぽいですが、本当にそうかどうかわかりません。

でも、そんなことはどうだっていいです。



二頭とも、ここの家に来てよかった!と思ってもらえるように、大事に育て、一緒に生きていこうと思っております。

…犬のドキュメンタリー映画を作っているんですけど、はい、ほっておけなくて、2頭になってしまいました。