山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

奇跡的ということ。

大飯原発再稼働反対デモ、すごかったなー。

新宿のデモも。一日、家にいて、ユーストリームで視聴していました。

福島の原発20キロ圏内に残された犬猫、動物の様子を見ていると、被害を受けるのは人間だけじゃないことがわかる。彼らはなにも言えないけど。彼らの分まで発言できる人間でいたいよね。

ところで、相変わらず、サカナのような顔をした、「なつ」



ソファでくつろぐ、「はるる」



しかし、なつははるるをほっておけない。
ちょっと、格闘しませんか?と誘いに来る。



はるるがカーペットの上で、優雅に寝ていても



ちょっと時間ありませんか?格闘しません?…とやってくる。



で、格闘。



すると、はるるは、目にも留まらぬ早さで飛ぶ。



カンガルーの血が混じってるんじゃないかってくらい、飛ぶ。



ジャンプの様子が伝わったかな。

しかし、はるるとなつを見ていると、ほのぼのして、あたたかい気持ちになる。



ふたりとも、すごくリラックスしてる。

けどさ、彼らの命は崖っぷちにあったんだよね。ちょっと間違えたら、消される命だった。

そして、今日も明日もどこかで、まだまだ、殺されてしまっている犬がいるんだよね。

原発事故が起こらなくても、日常的に消されている命があったんだよね。

事故でさらに、殺される命も増えたけど。



家で犬とのんびりしているけど、この幸福が奇跡的なものなんだってこと、忘れずにいたい。

今日から7月。

犬を巡る取材、続けています。