山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

なつ、タマをとる。

半年前、うちにやって来た時は、こんな愛らしい子犬だったのに。



はるるを尊敬する、いじらしい子犬だったのに。



今では、骨を喰わえて、ワイルドに練り歩き、



隙さえあれば、男性性を誇示する、男くさい奴に成長した…。



そこで、残念だが、先週、タマをとってやった。



大和市にある山口獣医科病院のロビーにて。

敬けんなフェミニストの私としては(嘘だけど)、男性性を誇示するようなやつはほっておけんのだ。

「タマとり」の刑に処する。

っていうか、人間界と共存するには、去勢は仕方のない、避けられないことである。

この世界では行き場のない犬猫がたくさんいて、処分されているのだ。いたずらに数を増やしてはいけない。

繁殖させる気はないけど、なつが脱走して、どこぞの令嬢をはらませないとは限らないから。

それに、一度も使えないなら、ストレスになるだけだから、とってやるのが飼い主心というものだろう。

退院して、タマなしのなつ。



こころなしか、がっくりしているように感じる。

かわいそーなので、鶏のもも肉を買ってきて、茹でてあげた。

でもさ。

この鶏だって、生きたかっただろうにね。

犬が好きだけど、その恣意性については、無自覚にならないように気をつけております。はい。