山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

吉高由里子さま。

先日、今や、大人気女優の吉高由里子さんについてのコメントを求められ、それが記事になったので、お知らせ。



週刊現代(講談社)の今週号です。

「NHK 『花子とアン』吉高由里子に心奪われて」というページ。

園子温監督をはじめ、吉高さんと仕事したことのある、複数の監督が彼女についてコメントするという内容でした。

わたしくも、自分の映画「すべては海になる」にちょっとだけ出演してもらっているので、その時のことを話しました。

かなり過激な役ですが…。

わたくしごときが…と思いましたが、せっかく取材してくれたので、楽しく彼女の魅力を語りました。

詳細は週刊誌をご覧下さいませ。

久しぶりに雑誌を手にして、読者層がかなり高齢化しているのだなあと思いました。

吉高さんを『現代の吉永小百合」と称するところなど、そうか、吉永小百合さんを思い浮かべる年齢層向けなんだーと理解しました。

知らないうちに、いろんなところで、「大きな流れ」ができていて、思ったより急激になにかが変化している…ということを実感しました。