山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

アカネ犬

先日、犬関連の取材で、栃木のみなしご救援隊のシェルターに行って来た。

そこで出会った一頭の犬。



ロケ隊がいる間中、吠えている。

私も何度も吠えられた。

すると、

「アカネ、大人しくしなさい」と救援隊のメンバーが叱責した。

瞬間、私が怒られたのかと思ったけど、どうやら、犬に言っているらしい。

尋ねると、この犬の名前が、「アカネ」であった。

「アカネ犬」はノラ犬の子供で、野性が強く、人となかなか打ち解けることができないという。

臆病だからすぐ吠える。無理に近寄ると噛まれるかもしれないと言われた。

困った奴だ、アカネ犬。

しかし、同じ名前かと思うと、妙に親近感がわき、同じ、捨て犬同士…私もまあ、捨て犬みたいなもんだから…少しは仲良くできないものかと思う。

よく見ると、可愛い顔をしているじゃないか。

人を信頼できず、臆病で、空元気、すぐに吠えるが、叱られると尻尾を巻いて逃げていく。

おお、さすが、アカネ犬、私と同じ血が通っているのかもしれない。

「同じ名前とは、これも何かの縁、いずれ、私が引き取るべきか…」

そんなことを考え、みなしご救援隊のメンバーに告げたところ、

「アカネは、あんたにちなんでつけたんだよ」と言われる。

ええ?!

数ヶ月まえ、広島の動物管理センターを取材したとき、ちょうど、収容されていたのが、「アカネ犬」だったそうだ。

私の取材がなければ、その犬がいた部屋に入る予定はなかったが、取材のために入り、結局、その犬を保護することになったのだと言う。

つまり、私がきっかけ…。

ということで、彼女の名前は「アカネ」になったそう。

そういえば…私は当時の「アカネ犬」に会っていたのだ。

写真もあった。

子犬の頃の「アカネ」



カワイイよね。

連れて帰るか迷ったもの。

そして、彼女は、「アカネ」犬として、広島で元気に吠えながら生きているのであった。

ちなみに、もう一頭、私にちなんだ犬がいて、そいつは、「やまだ」というそうだ。

「アカネ犬」の親犬だそうで、だから「やまだ」だって。

いやいや、「やまだ」は前夫の名前だから…と説明して、大笑いとなった。

広島で暮らす、保護犬の「やまだ」と「アカネ」。

元気に生きていってほしいけど、機会があれば、やっぱり引き取りたいなーと思ったのだった。

最後に、みなしご救援隊のバスのなかの写真を…。

まんなかにいるのが、「アカネ犬」。

奥に子猫が13頭、ヤギもいました!