山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

ドラマ「461個のありがとう」

3月1日(日)に放送になった、「ザ・ノンフィクション 生きがい 千匹の猫と寝る女」、とても注目されているようで、ありがたいです。

面白かった、感動したというメールを友人、知人から数多くいただき、この日記のアクセス数も普段の10倍くらいになりました。

うれしいことです。

さて、その舌の根も乾かぬうちに、次作のご案内です。

犬猫ものから打って変わって、シングルファーザーとその息子の物語です。

実はまだ、できたばかりなんですが、なんだか、評判よろしいです。

試写して下さった方々が、キラキラと光る涙を…。

わたくし、父親でもないし、息子だったこともないので、実感はなかったんですけど、なぜか楽しく撮影できました。

初めてリラックスしてドラマが撮れました。

それが今週末、放送です。

じんわりします。

ぜひ、ご覧ください。

「461個のありがとう 愛情弁当が育んだ父と息子の絆」(NHKBSプレミアム)

3月15日(日)よる10時~11時

主演 別所哲也 望月歩
  
原作 「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」
    渡辺俊美 著 (マガジンハウス)




渡辺俊美さんは、超かっこいいヒップホップバンド 「TOKYO NO.1 SOUL SET」のギター&ボーカルです。



わたくし、35歳のとき、文學界(又𠮷直樹さんが小説家デビューしたことで、最近注目された文芸誌ですが、純文学界では、くらいの高い文芸誌です。@文藝春秋)で小説デューして、この小説を映画化するときは、SOUL SETに音楽やってもらおうと誓ったんですねー。

当事、映画化してくれる…というpの方が現れて…、いろいろあったなー。

結局、映画にできなかったけど。

それが20年の歳月を経て、作品は違うけど、一緒にドラマを作れて、本当に良かった。

MA(ドラマに音楽をつける作業)は、実は、とても大変だったんですが、でも、TOKYO NO.1 SOUL SETの曲をいっぱいかけることができて、すごい幸せでした!

とくに、主題歌にした曲が、とってもよくて~♪

ぜひ、ご覧ください。

(ノンフィクションで「猫」の回をご覧になって、ここへいらした方々へ。)

 これもまた、ある命の物語です。

 生きる、ということは、身の回りの小さなことを大切にすることなんだなーって気づきました。