山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

睡魔の勝ち

働く日々である。

打ち合わせやらテレビ番組のPV(試写ともいう)をこなしながら、進んでいる。なかなか自分の時間がない。

夜は新宿のゴールデン街に行った。超久しぶり。まだ、お酒を飲み歩いていた時代に、何度か連れてきてもらったことはあったけど、あんまり行ったことはなかった。久しぶりに歩いて見ると、しみじみ、不思議な空間だ。そして、「絵」になる町だと思う。まるで、セットみたいだし、小さな店とその看板が迷路のように並ぶ様子は、独特の雰囲気を醸し出している。

そんなわけで、超久しぶりに、お酒も飲む。お酒といっても果実酒を飲んだので、アルコール度は低いと思う。おかげで酔わなくてすんだ…。けど、ゴールデン街の飲み屋というのは、なんか面白いなー。毎日のように通う人がいらっしゃるんだなー。お客さんはみんな知り合いで、いろんな話をしている。家みたいな感覚なのだろうか。

すっかし、飲みに行くこともなくなった今、お酒を囲んで、何時間も過ごす…ことがホントになくなったなー。夜はひとりで部屋にいることが多いし。

あ…だめだ。ものすごい睡魔が…。とりあえず、今日ひとつの番組のヤマは乗り越えたので、ちょっと楽になるはずだけど…。

眠い。ゆっくり眠れる日は来るのか…。眠い。正直な一番の気持ち…眠い。

働け、われ!