山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

スター獣医師ではなく。

「ザ・ノンフィクション 花子と先生の18年 人生を変えた犬」(フジテレビ)

ご覧くださり、ありがとうございました。

後編は、視聴率も同時間トップとなり、ツイッターなどでも大きな話題となり、

感謝しております。

 太田快作先生のことを少々書いておきます。

太田さんと初めてあったのは、2018年の秋ごろでした。

とある企画の取材のため、ハナ動物病院を訪れました。花子さんももちろん、元気でした。

日本の動物保護、これからどうなる?みたいな話をしていたのですが、一番感銘を受けたのは、「スター獣医師になるつもりはない」と言っていたこと。

 太田さん自身、学生のころから「犬部」を作って、動物保護をやってきたし、

今も、休みの日のほとんどを、保護活動にあてていて、里親会もやってるし、

福島にも通っているし、野良猫TNR(避妊去勢手術)もやっていて、

ほんとすごいので、ほめていたわけです。

そしたら、「僕が褒められても仕方ない」みたいなことを仰る。

「普通の獣医さんが動物保護を当たり前にやる社会になることが目標だから、

僕がほめられえもしようがないんです。

ハナ動物病院みたいなのが、日本中にできて、野良猫や捨て犬の治療とか、当たり前にやるようになるのが、目標」と。

 目からウロコでした。

 それまで、動物保護というのは、動物保護団体やボランティアが中心で、

それで、日本の殺処分が、年々減ってきたのだから、それがもっと進めばいいのでは…、

保護団体への理解と寄付が進めばいいのでは、と思ってきたんです。

なので、映画「犬に名前をつける日」の上映会のあとのトークでは、

「保護団体を支えましょう」「寄付をしましょう」と言ってきました。

しかし!

そればかりではなかったと。

 以前、イギリスの動物保護を取材したとき、イギリスにはそれはもう、立派な保護団体があって、動物たちが助けられているんですが、一方で、普通の動物病院の力もある、ってことを知りました。

 

ロンドン在住の川田彩代獣医師から教えてもらったんですが、

イギリスの動物病院は、地元の動物保護のベースになっていて、野良猫とか飼い主の見当たらない犬などを連れて行くと、そこで、治療とかしてもらえるんです。

(この時の価格なんですが、すみません、最初に「無料」って書きましたが、

 確認したところ、病院によって、割引率が違うそうです)

  一般の病院とは別に、無料で診察するチャリティー病院というもあり、

そこは、生活保護であったり、社会的弱者が、自分たちのペットを無料で

診察・治療を受けることができるそうです。

(イギリスの保護団体・RSPCAの病院を2019年のNHKの番組で取材しました)

その資金はすべて、募金などでまかなわれていて、獣医師や看護師はちゃんと給料をもらい、社会保障などもあるそうです。

獣医師さんたちは、それぞれのかたちで、保護活動に参加しているんですね。

太田さんは、イギリスの事情を知らずに、同じ事を目指していたんですね。

「自分ひとりが目立つのではなくて、動物保護を当たり前にやる獣医師がもっと増えて欲しい」

そうかー、と思いました。

これですっかり、太田さんのファンになり、NHKのBSプレミアムで放送することになっていた「家族になろうよ 犬と猫と私たちの未来」(2019年2月放送)に出てもらうことにしました。絶対、広めた方がいいと思ったから。

3時間生放送にいきなり出演してもらって(その時、石田ゆり子さんとも初共演)、

でも、これはもっと取材せねば、と思って、2019年4月から取材をしました。

その時点では、どこでどう放送するか、まったく考えてませんでした。

とにかく、撮っておこうと。(まあ、いつもそうですが)

そして、取材を続けていくなかで、太田さんの考える、「動物と人間の関係」みたいなものがだんだん見えてきました。それを1年追いかけました。

目標は、太田さんのような獣医師さんが増えること。

(そしたら、太田さんも少し休めるし)

太田さん本人、とても頼もしいんですが、彼ひとりをスターにして、

褒めて終わるのではなく、広がっていったらいいなと思います。

ハナ動物病院みたいな病院が増えること。

太田さんみたいな獣医さんが増えること。

そのきっかけになれたらいいなと思っています。

 

(でも、取材過程で、花子さんが倒れて、そこからはまた、別のテーマを感じて

撮ってました。これはまた、あらためて書きます)

 

 

 

 

 

 

「花子と先生の18年」を見て下さった方、もしくは見られなかった方々へ。

今日、5月17日(日)は、14時から、

「ザノンフィクション 花子と先生の18年 人生を変えた犬」(フジテレビ)

の後編の放送です。

 

ザノンフィクションは、関東ローカルの番組なので、

関東地方(東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、茨城、栃木)以外の方は、

オンタイムではご覧になれません。

 

でも、どーしても見たい!と思って下さる方は、

地元の放送局(フジテレビ系)に、「放送希望!」と連絡してみてください。

希望者が多ければ、のちに放送されることがあります。

これまでも、「犬と猫の向こう側」などは、何回も地方でも放送になっています。

(BS、CSでも放送になりました)

 

フジテレビ系がない!という地方もあるかと思いますが、

系列がちがっても、放送される場合があるかどうかは…すみません

私もそこまでわからないです。

 

その他の方法で放送されることがあれば、BSとかCSとかですね、

そういう時はこちらにてお知らせいたしますので。

 

みなさんに関心を持っていただけて、とても光栄です。

 

私の希望は、犬と猫とそのほか小さな動物たちが、

幸福に生き延びられることと

犬や猫と暮らしても、なんらかの事情で、飼えなくなった時、

「ごめん、助けてください」と正直に言える社会であること。

 

人間ですから、ダメになる時もある。

最後まで飼う決意をしても、どうしようもなくなるときもある。

そんなときに、怒られることが怖くて、隠したり、逃げたりして、

もっと状態がひどくなるより、

「ごめん、助けて」って言えるほうがいいと思うんです。

その時、ダメになった人をどうか、責めないように。

責めるより、できることを。

そんな気持ちでいつも撮影に行ってます。

 

どうか、弱い者が弱いままでいられる社会でありますように。

 

追伸

太田先生への応援メッセージなど、きっと喜ばれるとは思いますが、

少ない人数で、診療されているので、電話などで、診療の妨げにならないように

どうかよろしくお願いします。

 

何かしたい!と思われた方は、

動物愛護団体へ寄付をする、

(どこの団体がよいかは、ご自身でじっくり調べてみてください)

保護犬、保護猫をもらうことを考える(ゆっくり、じっくり)

自分の犬猫の面倒を見る(これまで通り)

などがあるかと思います。

わたしも、自分のできる範囲で、なんとかやっていきます。

よろしくお願いします。

 

 

 

「ザ・ノンフィクション 花子と先生の18年」ご覧下さった方へ

昨日、「ザ・ノンフィクション 花子と先生の18年」の前編が放送されました。

おかげさまでとても評判もよく、視聴率もよく、ありがたく思っております。

 

取材させてもらった、獣医師の太田快作さんは、コロナのこともあり、

現在、ほとんどおひとりで、病院を運営されています。

犬と猫の診療については、インターネットから予約されるのがよいと思います。

励ましなどもきっと喜ばれるとは思いますが、

どうか、診療が滞らないことを念頭においていただけると助かります。

 

多頭飼育崩壊の犬たちのいる、(いまはもっとキレイになっています)

「NPO法人 にゃいるどはーと」では、7月に犬の譲渡会を計画中とのことです。

60匹いる、元気いっぱいの犬たちです。

一緒に暮らしてみようという方は、考えてみてください。

f:id:akane-yama:20200511134131j:plain

f:id:akane-yama:20200511134230j:plain



nyaild-heart.shimakaji-mama.com

 

 

ハナ動物病院でも里親会は今後、開かれる予定ですが、

コロナのこともあり、今のところ未定です。

 

ゆっくりお考えいただけると、よいかと思います。

 

ザ・ノンフィクション 花子と先生の18年 人生を変えた犬

 

マイナビニュースさんが取材して下さり、

記事になりました。

ありがたいことでございます。

 

思えば、2010年10月にミニが亡くなってから、始まった、犬猫取材。

とうとう今年で10年目になりました。

10周年(といわないか)のときに、獣医師・太田快作さんのドキュメンタリーを作れたことは

とても幸運でした。

犬猫まわりの取材を続けていて、いろんなすごい人に会うんですが、

(たとえば、「犬猫みなしご救援隊」の中谷百里隊長とか!)

太田さんも、ド級の犬猫ファーストのひと。

すっごいなーって思いながら、取材してました。

 

2週にわたって、2時間で放送しますが

(しかも今回は、コロナの影響で、普通より5分くらい番組が長いんです)、

もっともっと語れる部分がありました。

 

もうすぐ放送、ぜひ、ご覧ください。

 

https://news.mynavi.jp/article/20200510-yamadaakane/

http:// https://news.mynavi.jp/article/20200510-yamadaakane/

f:id:akane-yama:20200510232319j:plain

「ザ・ノンフィクション 花子と先生の18年 人生を変えた犬」

f:id:akane-yama:20200509160827j:plain


ずっと更新をサボっておりました。
 
1年間、取材しました番組が明日、放送になります。
 
また、犬猫ものであります。

「ザ・ノンフィクション 
花子と先生の18年 人生を変えた犬」
(フジテレビ・関東ローカル)

5月10日(日)午後2時~3時 前編
5月17日(日)午後2時〜3時 後編

獣医師の太田快作さんを1年間、追いかけました。
犬と猫へ向ける、真摯で強い愛情、
獣医師としての生き方、
日本の動物愛護のあり方について
そして、
愛犬、花子ちゃんとの輝きの日々など

たくさん、撮らせてもらいました。
 
ナレーションは、女優の石田ゆり子さんが今回も
引き受けて下さいました。
 
優しい、でも、犬と猫たちに愛情こもった声で
 
 
特に花子ちゃんとの最期の日々は、
犬と人間の関係を越えて、
命を看取るとは、なにかをずっと考えさせられたました。
 
そして、
目の前で、なにか、輝かしい、とても強く美しいことが起こっている、
どうしてもカメラを向けずにはいられませんでした。
 
濃密な、強い、強い時間を過ごすことができました。
 
自分が感じたなにかが、画面を通して伝わることを
信じています。
 
ご覧頂けると幸いです。
 

f:id:akane-yama:20200509133228p:plain

 
 
 
 
 
 
 

再放送などのお知らせ

再放送などのお知らせです。

 

「犬猫みなしご救援隊」の中谷百里さんを描いた

 

「ザ・ノンフィクション 生きがい 千匹の猫と寝る女」(フジテレビ)が

下記にて、放送されます。

 

お時間ありましたら、ぜひ。

 

「生きがい 千匹の猫と寝る女」

CS(フジテレビTWO)での放送日時が

追加になりましたので、ご連絡致します。

ご確認何卒よろしくお願い致します。

 

 

  • 10/26() 28:50~29:30

生きがい千匹の猫と寝る女

 

https://otn.fujitv.co.jp/schedule/two/next_week.html

 

http://otn.fujitv.co.jp/b_hp/917200055.html

「ザ・ベストテレビ2019」であの「犬と猫」が放送されます!

10月6日、13日、「ザ・ノンフィクション 好きなことだけして生きていく」の放送、終わりました。

ご覧くださった方々、ありがとうございました。

10月6日の放送後は、「#似非原」がヤフートレンドで17位に入るなど、
大きな注目を集めました。

似非原さん、ユニークで、優しい、利発な方です。

13日の放送は、台風の最中だったため、あまり見てもらえないのでは…と思っておりましたが、
普段よりも視聴率をいただきました。

重ねて、ありがとうございます。

そんななか、あらたなお知らせです。

昨年制作した「ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側」が、
NHKさんの「ベストテレビ2019」(NHKBSプレミアム)にて紹介されることになりました。

「ベストテレビ2019」というのは、NHKさんがやっている、いろいろな賞をとった番組を紹介する番組です。
フジテレビの番組ながら、NHKで放送され、取り上げてもらえるのは、稀有なことですし、
嬉しいことです。

私も放送が楽しみです。

お時間あったら、ご覧ください。


【ザ・ベストテレビ2019】
NHK BS プレミアム

★「ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側」
(放送文化基金賞 テレビドキュメンタリー番組 優秀賞)

  ■10月21日(月)13時~16時
    (放送文化基金賞 ご受賞作品をご紹介するコーナー)

  割と最初のほうで、ダイジェストが流れる予定です。

 

www4.nhk.or.jp

 

f:id:akane-yama:20191016164204p:plain

ザ・ベストテレビ2019


番組全体は、以下です。

 10/20(日) 12:00 - 16:29
 (以下の賞の受賞作品が紹介されます)

  「地方の時代」映像祭
   芸術祭賞
   ギャラクシー賞
   日本民間放送連盟賞 テレビ報道番組
   日本民間放送連盟賞 テレビ教養番組

10/21(月) 13:00 - 16:01  
(以下の賞の受賞作品が紹介されます。)

放送文化基金賞
   ATP賞

 

よろしくお願いします。

ザ・ノンフィクション つくりました。

かれこれ、6年以上、撮影させてもらっている、

日本一有名な元ニート……って形容詞もさすがにアレですが、

phaさんとその仲間たちを描いた、「ザ・ノンフィクション」を作りました。

またまた、前後編と2時間にわたって、2週でお届けします。

今回のサブタイトルは、「好きなことだけして生きていく」です。

好きなことだけして生きていくって、一見、すごい楽しそう、ラクそうって思えるけど、

好きを貫くのはそれなりに、たいへんだったりもするものです。

社会の流れに身を任せ、常識というルールをチラ見しながら、「普通」であることを保つほうが、

案外、ラクかもしれません。

でも、わたしは、そういうしばりから自由な生き方をしている彼らがとても好きだし、

面白いし、いつも 無事であってほしいと思っています。

最初にこのシリーズを作ったころは、「働かざる者食うべからず」ということわざ(?)、良識(?)が
横行していまして、

作っているだけで、わりかと非難されたものでありました。

「みんなが働かなくなったら、どうするの?」

「それで、日本がダメになったらどうするの?』

「道路も水道もただじゃないのよ、働いて税金払っているひとに申し訳ないと思わないのか?」

こういう攻撃をですね、受けましたよね。

ところが!

あれから6年。

国を挙げて「働き方かいかく」をしたり、ブラック企業は怒られるようになり、

だいぶ変わってまいりました。

何より、私も変わりました。

年もあるかもしれませんが、以前より、ずっと「働かない」ようになりました。

やりたいことをする、というのが正しいかもしれません。

やりたいことをしていたら、それが仕事っぽくなる、こともあり、幸運ではあります。




うちの犬ら(ハルとナツ)に囲まれるpha氏。

phaさんのシリーズも、

phaさんたち、面白いなー 、知りたいなー、見たいなー

って思って、撮影しに行っているうちに、番組になった感じです。

たくさん撮っているので、全然出せてないものもあったりするし。

そんなわけで、phaさん、新展開。

前編のサブタイトルは、

元ニートの再々再々出発です。

まあ、あれです。

人生には限りなく、出発できるタイミングがある、というか、

そんな感じです。

10月6日(日)14時~14時55分 フジテレビ

関東ローカルです。



川島なお美動物愛護賞いただきました!

エンジン01という、文化人による、
ボランティアの動物愛護活動グループから、

川島なお美動物愛護賞を本日、いただきました。

とてもありがたいです。




エンジン01の動物愛護委員長の湯川れい子さんと

同じ賞を受賞された

日本のセラピードッグのパイオニア、大木トオルさんと。



川島なお美さんの旦那様の鎧塚俊彦さん。
奥様のことを語る時、とてもいきいきされていて、愛情の深さを感じました。

放送作家の山田美保子さんが司会を務められ、
時に会場を笑かし、時にテーマをしっかり語るという、
さすが、コメンテーター!

帰宅後、いただいた盾をハル、ナツに見せて報告しました。



これからも、
犬、猫、やってゆきます。

おそろいタオル

先だって、「ザ・ノンフィクション 犬と猫の向こう側」が放送文化基金賞をいただいたので、

記念にタオルを作りました。

「犬猫みなしご救援隊」の中谷百里さんに相談したら、

「首にまけるタオルがええやん」ということで、こちら!



狼の刺繍にしたのは、

狼のように、強く、カッコ良くゆきたいという願いを込めて。



犬猫の仕事をした仲間とおそろいにしました。

このタオルを見かけたら、仲間です。

今は、犬猫ではなく、「働きたくないひとびと」のその後を追いかけた番組を作っています。

10月に放送予定なので、詳しいことが決まったら、お知らせしまーす。



山の家で、大先輩に撮ってもらった、ハルです。

生きていることはすばらしいなあ。