山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

小説以外の本

「フルサトをつくる」

phaさんと伊藤洋志さんの共著「フルサトをつくる」を拝受した。 タイトルの「フルサトをつくる」を見ると、普通のひとは「?」となるはずである。 フルサトをつくるだって?そんなことできるわけないじゃん…。 だが、いや、しかし。 「故郷」はこれまでもい…

本「映画から見える世界」

上野千鶴子さんから、新刊を頂戴しました! その名も「映画から見える世界」(第三書館) 絶賛発売中。 (scanerの調子が悪く、画質が不鮮明で失礼します) 上野千鶴子さんの映画評です。 世界中の映画、およそ80作について、上野さんならではの独自の視点…

フェミ

北原みのりさんより、新刊を頂戴した。 ありがたいねー。 これからゆっくり読みたい。 アエラでも壇蜜さんと対談しているみたいで、注目されてるよね。 北原さんはフェミニストであることを隠さない。 潔いよね。 自分はその点、弱い。 テレビの会議などで、…

「たたかえ!ブス魂」再び。

「たたかえ!ブス魂」の紹介記事を、毎日新聞の女性向けのサイト毎日キレイに書きました。 よろしかったら、ご覧くだされい。 「ブス」ものはやはり、ここのところのテーマでありますな。 っていうか、ようやく、メジャーになった。 昔は口にするのもはばか…

「すいか」シナリオブック、発売中。

よい知らせなので、ここにあげておきます。 ずいぶんまえに、脚本として参加した、テレビドラマ「すいか」のシナリオブックが文庫本として出版されました。 全10話のうち、一話だけ書いております。 第7話。シンギングドッグ、つまり、歌う犬が出てくる、そ…

「たたかえ!ブス魂」

「あまちゃん」や「半澤直樹」「風立ちぬ」などが流行っているさっこん、 2004年から放送が始まったアメリカのテレビドラマ「LOST」を今更、一気見している、周回遅れどころではない私でございます。 それも第6シーズンに入り、あと数本で見終わるところまで…

今、こんな本、読んでます。

今、「AV女優の社会学」という本を読んでますが、 最近、AVについてよく考えてます。 というか、「性の商品化」とはなにか、ってテーマに関心があります。 …といいつつ、これ、アマゾン連携へのテストです。

これからの働き方。

人気ブロガーのちきりんさんの「未来の働き方を考えよう」を読みました。 「働き方が変わる」みたいなことがよく言われているから、参考にしょうと思った次第です。 ざっくり内容は、今後は、グローバリゼーションとIT化によって、今までとはちがう働き方、…

もし、美人だったら…。

上野千鶴子先生から本を頂戴した。 (先生と呼ぶと叱られるのですが、今回は「身の下相談」の先生という意味で呼ばせていただきます)。 朝日新聞に掲載されいてた、「悩みのるつぼ」の書籍化であります。 新聞掲載時に時々読んでいたのですが、こうして一冊…

『ミレニアムと私」

映画「ドラゴン・タトゥーの女」の原作、「ミレニアム」にはまったあげく、この本『ミレニアムと私」を手にした。 ミレニアムの作者、スティーグ・ラーセンは、全世界で6千万部まで売り上げた小説を書いていながら、出版を前にして、2004年11月に50歳の若さ…

「ニートの歩き方」その2

昨日、「ニートの歩き方」を読んで感じたことを書いたけど、(しかも、長い!)、まだ、言い足りないというか、書きたいことがあるので、つれづれなるままに書く。 昨日、最初にあとから書く、と言っておきながら書かずに終わらせた「映画が見られない」とい…

「ニートの歩き方」

最近、「ニートの歩き方」という本を読んだけど、すごく面白かった。 っていうか、いろいろ考えてしまった。 きっかけは、CHIKIRINさんのブログで紹介されていたからだったんだけど、その時、読もうと思ったのは、この著者のphaさんが、「映画を見られない」…

『毒婦」再び

「毒婦」の感想を読みに来る方が多いようなので、続編を書いてみたい。 前回も東電OLとの比較をしたけれど、木嶋容疑者と東電OL(被害者ですが)、共通点は援助交際以外にもあると思う。 それは、どちらも「父の娘」であること。 「父の娘」というのは、父か…

「毒婦」読んだ!

『すべては援助交際から始まった… 「毒婦」北原みのり著((朝日新聞社)を読んで)』 「毒婦」とは、今年の4月13日に死刑判決を受けた木嶋佳苗容疑者のことである。インターネットで知りあった複数の男性から一億円以上のお金を受け取り、そのうち3名を殺害…

「マイバックページ」続き。

昨日、川本三郎氏の「マイバックページ」の感想を書いたけど、続き。 この本は、川本氏が、朝日新聞社時代に、学生運動家と知り合い、そのひとの起こした事件(殺人事件)によって、新聞社をクビになり、逮捕されるまでの出来事とその時々の思いが書かれてい…

「マイバックページ」

梅雨空の安田講堂@東大。 映画「マイバックページ」を見て、いったい、どんな原作なんだろうと興味を持ち、さっそく、川本三郎の本「マイバックページ」を読みました。 いやー、なんというか。こういう文章、こういう内容、本のたたずまい……すべてがかつて…

<わたし>を生きる

今日は新刊書の紹介です。 友人のジャーナリスト、島崎今日子さんから、新刊が送られて来ました。 アエラで連載中の「現代の肖像」のなかから、島崎さんがインタビューした女性16人をセレクトしたもの。 上野千鶴子さんあり、長与千種さんあり、本谷有希子さ…

「やりたいことだけやる」のはダメみたい。

村上隆さんの「芸術闘争論」を読んで、考えこんでしまうことが多かったので、少し。 村上さんは、現代ARTの作家です。現代美術のなかにアニメやフィギュアを取り込んだ作品で、名を馳せ、ルイ・ヴィトンとコラボレーションしたり、最近だと、ベルサイユ宮殿…

村上春樹「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです」

ここのところ、村上春樹さんの「夢をみるために毎朝僕は目覚めるのです」を読んでます。 1997年から2009年までのインタビューをまとめたもの。 どっしりとした本で、とても読み応えがあります。 それで、いろいろ気になったこと、面白いこと、へえと思ったこ…

上野千鶴子著「女ぎらい ニッポンのミソジニー」

今は、上野千鶴子さんの新刊「女ぎらい ニッポンのミソジニー」(紀伊國屋書店)を読んでます。 なんと、上野さんから献本してもらったんぞ!(自慢!) 今は、ご存知のようにたいへん辛い時期でして、これまでのようにいろんな出来事を受け付けられなくなっ…

再び、ツイッターのこと。

昨日の夜、なかなか眠れなくて、ずいぶん、前に買ったのだけど、そのままになっていた、内藤みかさん著の「夢を叶えるツイッター」という本を読んだ。 ツイッターを始めたころ、ちょっとした企画を思いついて、企画書を書くために、複数のツイッター本を買っ…

エッセイ「あるきかがたがただしくない」

枡野浩一さんのエッセイ「あるきかたがただしくない」(朝日新聞社)を読んでました。 ツイッターで、枡野さんと知りあって…っていうのかな、(面識はないです)、自分の映画を見に来てくださったので、エッセイを読んでみました。2005年に発売されたもので…

「20歳のときに知っておきたかったこと」

今日は、「20歳の時に知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義」という本を読んでいました。 数日前に、アマゾンから届いたんですが、なんで、この本を注文したか、すでに忘れてました。きっと、どこかで書評などを読み、読みたくなって注文した…

疲れた心へ。

昨晩より風邪が悪化し、寝たり起きたりの状態。今日の打ち合わせも延期してもらった。 寝床のなかで、仕事の資料を読みつつ、急に思い浮かんだ詩について。…というか、最近、縁あって、ふたたび読み直したので、記憶に残っていたのだ。そして、それが今の気…

詩集「解決されない和音」

写真は大学のときの友達から送られてきた詩集。友人の作品である。 「解決されない和音」 野田修一著 友人は、大学を途中でやめてしまって、故郷に帰った。その数年後、なんとなく文通することになり、何年ぐらいだろう、2,3年間、かなり頻繁に手紙を送り合…

モテる=善なのか。

「明日の広告」という本を読んだ。 大ざっぱな主旨は、こうだ。インターネットの登場もあり、消費者は変わった。かつてのような広告の作り方をしていても、消費者は振り向いてくれない。広告の王者だったテレビを見るひとは減っているし、ネットもあるし、だ…

復活のきざし。butちょっとね。

鹿島茂著「悪女入門~ファムファタル恋愛論」という本を読む。 今更、なにかに入門してる場合か…ということではなくて、あくまで仕事の資料として読んだ。けど、すっごく面白かった。19世紀のフランス文学に登場するファムファタル=宿命の女たちを材にとり…

汚れた世界に咲く、たったひとつの花。

中村うさぎさんの「セックス放浪記」を読む。 面白かったなー。面白いというより、すごい。(あ、また、稚拙な表現が)。デリヘル嬢になってみたり、今度はウリセン少年、買ってるんだ。次々試すところもすごいけど、それを包み隠さず書いてしまうところもあ…

死に方、一考。

上野千鶴子先生の「おひとりさまの老後」を読んでいる。 さすがに、老後を考えるには早い年齢だけど、上野先生のような方が、老後をどう考えているのか知りたかった。 まだ、途中なんだけど、平均寿命でいうと、女性のほうが男性より10年ばかし長いから、結…

嘘つきアーニャに救われる。

実は昨日は、非常にイヤなことがあって、帰宅後も気分優れず、締め切りを前にした原稿が一枚もかけなかった。自分がこれまで信じてきた、人間の良心みたいなものをほとんど持ち合わせていない、恐ろしく強慾な人間を見て、心のそこから傷ついた。自分からな…