山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

海をみていた午後



写真は、逗子の家から見た、夕焼けの相模湾



でもって、↑これは、そんな海をみている犬たち

そんなわけで、昨夜、ノンフィックスのすべての作業が終わり、23時頃、都内の自宅にもどった。
つかれたー。と思ったけど、にわかにヨロコビが込み上げてきた。

そうだ、できたんだ。番組ひとつ、小説ひとつ。
この2つを作り上げるために、ほんと頑張ったー。この年になって、ひさしぶりのことよ。

でもって、夜中に逗子に移動。
せっかくのおやすみ(といっても日曜一日だけだけど)、ずっと留守番ばかりだった犬たちと遊びたくて、こっちの家にやってきた。

といっても、いろいろやることあったから、こっちに着いたのが午前三時頃。
ばたりと眠って起きたら、午後1時だった。
きれいな朝の海の風景を撮影しようと思ったのに(冬の海はきれいだから)
近所の市場に魚を買いに行って、ゆっくり、朝けん昼ご飯をつくってたべたら、夕方になっていた。
はあ。