山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

犬と映画とわたしたち。

そんなわけで、毎日休みなくロケをしております。

そんなとき、心をいやしてくれるのは、やはり犬。

泊まっているのは、色鮮やかなモーテル。



そして、いいのが、「ペット フレンドリー」なこと。

犬連れokなんですね。



オーナーとその愛犬ベラ。



オーナーが私の亡き父にちょっと似ていて、じんわり来る。

(父はよくインド人に間違えられた…濃い顔の人物であった…)



で、こちらははるるにちょっと似ている、ベラ。

ラブラドールの12歳。かわいい子。

のんびりしているようですが、ロケ中なので、実際はそうでもないです。

ロケ終わって、部屋に戻ったら寝てしまって、よるご飯を逃したので、
部屋でご飯。



チーズ、コーンブレッド、バナナという全部、色の白い食べ物。

(朝ご飯用に買ってあったものを食べています)

質素にやっています。

それにしても、ハリウッドは面白い。

今日、出演者のひとりに、近い将来、ここで知り合った俳優たちで日本で映画撮りたい!って言ったら、
さっそく、彼のホームページでは、「来年、日本の映画に出る!」みたいになってて、「早っ!」って思いました。

でも、そうやって言葉にすることで実現させていくのかもしれません。

というわけで、来年かさ来年、ハリウッドで知り合った俳優たちで映画撮ります…。

あ、言っちゃった。

言葉は現実になるからね!