山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

渋谷昶子さん 旅立ちました。

2月7日(日)、映画監督・渋谷昶子さんの葬儀がありました。

前日には雪が降っていたというのに、抜けるような青空。



会場に向かう車中から、くっきりと富士山も見えました。

そういえば、「私は晴れ女なのよ」と言ってたことを思い出しました。

監督にとって、天気が味方してくれることはとても重要。

さすが、渋谷さん!



「見送る会」のメンバーと近しい人達で、静かにお見送りしようと始めたのですが、

次々と弔問の方がいらっしゃり、お花も届き、渋谷さんらしい、にぎやかな葬儀になりました。

会場には、渋谷さんの作品や、大切にしていた本、お気に入りの服などを並べて、ありし日を忍びながら、時間を過ごしました。

葬儀の間中、渋谷さんの作品の多くの撮影をつとめた、カメラマンのs氏が、ずっと撮影していました。

そんな、葬儀の様子をいったいに、何に…と思ったけど、

「撮る」ことが、最大の弔意なんだ…と思えてきて、

渋谷さんは最後まで、映画監督なんだ…と思いました。

斎場の近くには、昨日の雪が残っていたけれど、小さな春が来たような、

明るくて、ほんのり暖かい、不思議な一日でした。

本当に行ってしまわれたんだなあと思うと、さみしい気持ちになりました。

けど、

自分の心のなかには、いつでも渋谷さんが生きてる、教えてもらったことが生きてる、

そう思い、さよならをしてきました。



思い出に、渋谷さんが使っていたポーチとクマのストラップをいただきました。

なに、泣いてるのよー、クスッと笑われるような気がしました。

笑顔ばかり思い出します。

すてきな方でした。