山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

真夜中の六本木

アメリカで銃乱射事件があったり、長崎で市長が狙撃されたり、激しい一日であったようだが、ついさっきまで何ごとも知らなかった。のほほんと、テレビドラマ「セクシーボイス&ロボ」を見て、村上淳さんていいな~とほれぼれしていたのであった。

それで、なにも知らないまま、六本木ミッドタウンに深夜にお買い物に行ってきた。先週、昼間一度行ったけど、ものすごい混雑だったので、すぐに帰ろうとしたらタクシー乗り場がわからず、迷っているうちに地下鉄の駅につき、地下鉄で帰ってきた・・・という過去を持つ。

24時頃出かけたのだが、六本木の交差点方面からアプローチしたら、大渋滞で参った。ものすごい時間かかってやっと到着。駐車場はガラガラで、ちょっとミステリアス。注目はペット同伴道路があること。犬と一緒に歩くための道が地下の駐車場にあるのね。不思議。BUTミッドタウンは犬に優しいらしい。

そんでもって、24時間営業の東急系スーパー「プレスコ」へ行く。他は全然やってない。でもって、プレスコ、野菜などは全体的に高め。魚もね。肉は普通だけど、品質がいまいちっぽい。でも、新しいスーパーを徘徊するのは楽しく、カートにじゃんじゃん食料品を詰める。ホステス&おやじのカップルが一組と若者男女一組くらいしかいない。店員のが多い。さらに、警備員が数名いる。

ビルの地下にひっそりあるかなり大きいスーパーって異様で面白い。

同じ24時間営業、同じ六本木の六本木ヒルズのスーパー、フードマガジンより、中身はいいかもね。フードマガジンは安いけど、あんましよくないし。こっちでは、深夜でも結構美味しそうなケーキを購入することができる。あとは~ルクルゼの小物なんかも売ってた。じゃかじゃか買ってたら、数万円になってしまったよ。

帰りは渋滞に巻き込まれないように、交差点を避けて帰ってきた。真夜中に食料品を買うのは楽しい。帰宅後、25時より、カレーを制作。もちろん、今夜は食べないけど、作っておくと便利でしょー。それに一日寝かせたほうが美味しいから。

そんなこんなの自宅作業の一日。やっぱ、とても楽なのであった。