山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

完成した模様…。

今、悩んでいます。ハムレット並に。寝るべきか、寝ないでやるべきか…。

今日は映画のダビングでした。これで、映画の仕上げのほとんどの作業が終わりました。あとは、タイトルを入れ直したり、ロールをチェックしたり…そして、このあと、キネコという作業になります。

キネコって、今打ったら、既猫ってでました。すでにいる猫、今ここにいる猫…という意味でしょうか。でも、もちろん、キネコは猫に関係のある作業ではありません。昔、映画のひとがとても忙しくて、「これなら、猫の手も借りたい」と言ったのが、始まりで、最初は、「猫の手」と言っていたのですが、猫の手→ネコテ→テネコ→(なまって)キネコと呼ぶようになったそうです。…なわけねーだろ!

キネコは、ハイビジョン(などビデオ)で撮ったものをフィルムに焼く作業です。「焼く」といっても、オーブンに入れるわけじゃないけどね…。これは。プロの技士さんがやるので、自分はまあ、関係ないというか、お任せです。ということは、映画に関するほぼ全ての作業が終わったのでした。

いや、長かったです。そして、たいへんでした。ひとつは、映画の仕上げの最中に他の仕事をしすぎたせいもあります。本一冊が出版され、30分番組が昨日オンエアになったよ、映画の仕上げしながらやってました……。なので、すげえ、忙しかった。

まあ、それというのも、話せば長い事情がありまして……。そっとしておいて下さいね。

で、今迷っているのは、明日までの台本の仕事を今からやるか…、一度寝て、すっきりした頭でやるかってことです。ダビングって、テレビでいうところのMAなんだけど、テレビのMAより、ぐっと疲れました。自分の映画ってこともあるし、大きな劇場では、細部の音まで、聞こえてしまうので、最新の注意が必要なんです。何度も見て、何度も治して、その度に悩んで…。エネルギー放出してきました。

どうしよう、作業効率悪いから、一度寝ようかなあ。しかし、万が一寝過ごしたらどーするの。一人前の大人として、「寝過ごした」じゃすまされませんぜよ。ちゃんと責任とらないと。眠いとか言ってる場合じゃねーぞ。はい。

がんばりまするぅ~。

ねむ。