山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

映画「すべては海になる」記事3



今日は「ドマーニ」でごわす。

こんなおしゃれなファッション誌に、自分が載っているでやんす。



さすが、ファッション誌。いろいろ取材してもらって、写真撮ってもらったけど、この「ドマーニ」さんの写真が、一番、美人っぽく写ってる~。まるで、きれいなひとみたいだーっ。別に修正とかしてないと思うけど、照明だと思うんです。あかりがばっちりだと、全然写りがちがうんだよなあ。自分用のライト持って歩きたいくらい。

まあ、笑顔がぎこちないのは事実であるが。普段、よほどのことがないと笑顔のない、不服そうな顔のひとではあるが、自分。

記事の内容は、自分の気になるニュースみたいなことで、直接映画の宣伝じゃないんだけど、自分の興味ある記事について、語らせてもらいました。なんか、そんなエラそーなこと、語れる自分ではないのだが。

それはともかく、今日でやっと仕事終わりましたーましたー!うれC!…などど、思わず言ってみたくなるほど、嬉しいです。おお、特に12月が忙しかったので、正直、命の危機を感じましたもん。

今日もちょっとギリギリのことがあって、びっくりした。疲れと忙しさのため、よくタクシーを利用しますが、今日も打ち合わせに間に合いそうになかったので、車上のひととなりました。で、時間ないから、道順とか、あーしろこーしろ言い、渋滞を呪い、いっそ電車にすればよかった…などと、悪態三昧をついておりました…というのは誇張ですが、まあ、急いでいたと。

で、だんだん目的地に近づいたところで、お財布に2千円しか入ってないことに気づきました。ぐえっ!タクシーのメーターを見るとすでに2千円を突破。慌てて、小銭入れをチェックすると、数百円しかない。ギリギリじゃないかー!

「あと、どれくらいでしょう」と運転手さんにたずねると、「その大通りを曲がって、さらにもう一度右折したらすぐですよ」と仰る。お金が足りなくなるまえに、タクシー下りて歩こうかと思ったんだけど、歩くにはかなりある。しかも、待ち合わせ時間をすでに過ぎてる。うーどうしよう。

待ち合わせしているひとに借りる?いやーそれも失礼でしょ、仕事のひとだし…どーしよーと悩んでいたら、今って、スイカでも支払えるってことに気づいた。おーよかった。と思いきや、果たして、スイカにどれくらいお金残っているかわからない。なにしろお財布の中身もわからなかったくらいだから。

ままよ!って感じで目的地まで乗り続け、到着した場所で、スイカを差し出す。ピッ!ってなにかを読む音がして、「おー足りたか?」と思ったら、足りてました。自分の計画では、全現金+残りスイカで、なんとか支払えるだろうと思ってたけど、スイカで全部いけた。よかったー。

このようにして、要所要所で、準備不足のため、はらはらしながら、日々を送っている。いつも準備が間に合わない。いつも追いかけられてる。

しっかし、それもいったんおやすみだ。この休みのうちに、なんとか、体勢を整えたいです。仕切り直したいです。

これからやりたいこと。

まず、寝る。
大掃除。
年賀状書く。

あ…普通だった。