山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

洗濯モノとタバコの匂い

京都疎開4日目。

今日はホテルを移動しました。

昨日までいたところは、部屋も広くて、近くに緑の多い公園もあって、快適だったのですが、連休に入って、値段が跳ね上がり、同じ部屋なのになんだかなーという気分になり、京都市内の、わりと便利なホテルへ移動して参りました。

ここは駅のそばであるし、連休でもあるので、すごい賑わいです。チェックインするのに、30分かかり、ランチを食べようとしたら、レストランも30分待ちでした。

とにかく、ひと、ひと、ひとであります。

しかも、部屋はよく確認して予約しなかったため、「喫煙ルーム」。

禁煙の部屋はすでに満室ということで、タバコくさい部屋であります。

昨日までのリゾート気分はふっとび、出張サラリーマンのようです。

しかし、奇妙なことですが、昨日までいたリゾート風のホテルでは、有料チャンネルに、一般映画はなく、全部アダルトチャンネルでした。しかも、2系統もあった…。

そして、今日のビジネスホテル風では、ちゃんと映画チャンネルあるんですよー。不思議ですねー。なんで、昨日までいたところ、アダルトしかなかったんだろう。

リゾートホテルで映画見る人っていない…という真実でしょうか。需要がなければ、そうなりますよね。

そんなわけで、にわか「ホテル批評」をしてもしかたないですが、今日は雨でしたし、引越しだけで疲れたので、部屋で洗濯をすることにしました。

ホテルのランドリーに出す…という方法もありますが、この「節約気分」「自分だけ助かろうとしてすみません」気分の自分ですから、そんなことはできませんでした。

日ごろは、ロケに行くときに、洗濯しないですむように全日分の着替えを持っていくような、足りないと現地で買えばいいと考えるような、本当に、浪費と怠惰のまざりあったような自分であります。

しかし、今は生まれ変わったのです。

というわけで、洗剤を買いにいって、バスルームで洗濯を始めました。

すると…。

これが案外、楽しい。

もともと、働きものですので、労働を始めると、その世界につい埋没したくなるのでございます。

最初は、靴下と下着だけ洗濯するつもりだったのですが、

「洗えるもの」は全部洗いたい…という欲望が生まれてきて、まずははいていた靴下を脱いで、洗い始め、次にTシャツも脱いで、洗剤槽に放り込み、ついに着ていた服を全部脱ぎ…一時は全裸となり…(バカか)、寒いので、ホテルに備え付けられている浴衣に着替えて、全部洗ってしまいました。

…前後の見境なく…。

その結果、よるご飯を食べに行くのに、着ていく服がなくなり、(いえ、ジーパンは洗わなかったのであるし、ウールのセーターを洗うのはさすがに、はばかれたのでやらなかった、エマールがあれば、別ですが)、素肌にセーターというちょっとセクシーな(バカか)姿に、ダウンを着込んで出かけることになりました。

靴下はなかったので、母親に借りました。

というわけで、洗濯物のたなびく、タバコくさい部屋で、本当に愚か者だなーと思いながら、これを書いています。

せっかく、洗ったけど、このタバコ臭が全部、張り付くのではないか…といまさら、気づくおろかさであります。

疎開の夜はこのように更けてゆきました。