山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

ロンドンだぶる貧血で死にかける。

ロンドン42日目。

朝起きたら、風邪が悪化しており、顔洗おうと思ったら、貧血して、世界がホワイトアウトした。

もともと、真っ白なバスルームですが、そのせいじゃなく、視界が真っ白に。

やばい、死んじゃうと思い、今日は学校を休んだ。

2ヶ月近くいて、学校休むの初めて。

だって、毎日楽しかったから。

小学生から高校生まで、一貫して学校が苦手で、しょっちゅう休んでいて、高校の後半は半分くらいしか行かなかった私が、学校、休みたくな~い!って思うなんて、なんていい学校なんでしょ。

しかし、大事をとってお昼まで寝ている。

午後、どうしても避けられない用事があって、日本大使館へ。

うちからそう遠くないし、なにしろ日本大使館だから、問題ないだろうと思って、出かけた。

が。

「大使館」という名のつくものを甘く見ていた。

まず、入り口で、パスポートの提示を求められる。

えーそんなー聞いてないよー。

もちろん、パスポートなんて持ってきてない。内部のひとに届け物をするだけだったので、しかも相手は日本人だから、パスポートがいるなんて知らなかった。

パスポートなければ、日本人だって証拠ないもんね。

しばし、入り口で押し問答。もちろん、日本語は通じない。

免許はないのか、顔写真の入った証明できるものはないかといろいろ聞かれるけど、「ねーよ、そんなもん」

内部のひとと約束があると強く言って、入れてもらう。

なにか見せろっていうから、唯一もっていたvisaカードを見せる。よくわからないけど、これで、根負けして入れてもらえた。

やっと内側へ。

あとはレセプションで約束の人物の名前を言えば、OKだ…と思ったのもつかのま。

レセプションで、相手の名前をいっても、「そんなひと、いない」の一点張り。

相手からもらったメールを見せても、だめ。

もちろん、このレセプションのひとも日本語できない。(本当にできないのか、できないふりしてるのかしらないけど)

おー、こんなにたいへんなんだ、大使館。

これじゃあ、自分が、本当に困って日本大使館に駆け込んでも、助けてもらえる確率はとても低そう。

何度もねばって、「かならずいるはずだ!」と強く言ったら、やっと、「聞いてみる」となった。

それからしばらく、ロビーのようなところで待つ。

日本大使館だからと安心して、相手の携帯の番号なども聞いてなかった。行けばなんとかなるだろうと思ったのだ。

しかたないので、コーディネーターに電話して助けてもらおうと思ったところ、ようやく、約束の人物が現れた。

で、無事、解決。

風邪で貧血で死にかけてたので、ものすごい困難であった。

しかし、今日の受難はそれだけではない。

このあと、念願の三脚を買いに行った。

ロンドンはすっかりクリスマスシーズンで、どこもかしこも23日で休みに入るので、買っておきたかった。

この店も先週、下見に行き、ほしい三脚を細かく伝え、何度もメールを入れておいた。さらにイギリス人のカメラマンに電話もしてもらっておいた。

が。

行ってみると、「その三脚が入るのは、来年の10日以降だね」と言われる。

おーマイ、犬の神様!

「それじゃ、間に合わないんだよ、オヤジ、あんたが、先週の木曜にはここに来るって言ったよな?確認したよな?これがその時もらった、名刺だよ。私は風邪で貧血で死にかけてて、日本大使館で冷たくあしらわれて、息絶え絶えだけど、ロケのためにここまで来たんだよ。そういう、ディレクター魂、わからないのかい?」

って、一気にまくしたてたくなった。

そうしなかったのは、英語力のせいではない。日本にいたってそんなことは言わないよ。

私の落胆ぶりをみて、担当のひとが、「別のならある」と他の三脚を持ってきた。

組み立ててくれて、こっちの持ってきたカメラを載せて、使い方を教えてくれる。

彼になり申し訳ないと思ったのか、商売したいのか、わからないけど。

(いや、そんなに悪そうなひとではなかった)

しかし、聞いたことのないメーカーだったし、まだ、あきらめるのは早いと、とりあえず、買わずに帰ってきた。

買う場合は23日の午前中までに必ずくるから、とっておいてくれ、ときつく頼み、メールアドレスを確認して、退散。

家に帰って、そのままベッドに倒れ込みたかったが、そうはいかない。

三脚を探さなくっちゃ。

実はそんなこともあろうと、もう一軒、押さえておいたのだ。その店のほうが、安かったし、一度メールを送ったら、ていねいな返事がすぐに来たし、もともとこっちのがいいかもしれない…と思っていた店だった。

しかし、問題点はひとつ。遠いのである。

今日、行った店は、私のアパートから20分くらいの距離。

東京でいうと、四谷とかそういうイメージ。

一方の店は、成城学園前とか、川崎とかのイメージ。

(例を出すとかえってわかりにくいかな。東京でいうと23区内じゃないってことです)

しかし、遠いとか文句言ってる場合じゃねー。

「明日、買いたいのですが、在庫はありますか?」とメールを送る。

すると、一瞬で返信が…。

「あります」

あまりの素早さとシンプルすぎる返答に戸惑いながら、「しつこすぎるのでは…」と思われるほどの確認をメールでする。

しかし、それでも心配なので、コーディネーターに電話して、確認してもらった。

これでひと安心。しかし、まだ、手に入ったわけじゃないからね。

三脚の件がとりあえず片付いたので、次はミニキャブの予約をすることに。

みなさま、ご存知かどうかしりませんが、25日のクリスマス当日は、すべての交通機関がストップするんですね。

地下鉄、国鉄、バス、みーんな、みーんな。

つまり、タクシーしか脚がなくなるわけですよ。なので、タクシーの予約をしておかないといけない。

しかも、クリスマス特別料金で高くなるらしい。

クリスマスの間、アニマルホームで撮影しようと思っているんだけど、「それなら、いっそ、近くのホテルの泊まったら?そのほうが安上がりかもしれませんよ」とコーディネータに言われるほど、高いらしい。

英語学校の先生も、「早く予約しないと、クリスマスのタクシーの予約はなくなるよ」と言っていたので、病をおして、近所のミニキャブやさんへ。

(もちろん、ネットで頼めるところもあったんだけど、とりあえず、近所からせめようと)

少し歩くと、うちの近所には、大きなターミナル駅があり、その周辺にはミニキャブさんがある。ので、そのうちの一軒へ。

アニマルホームとうちの住所、来てほしい時間など、あらかじめ用件は全部、丁寧に書いておいた。

風邪でぼーっとして、間違えるとまずいからね。

そしたら、案外、スムースに引き受けてもらえた。しかも、聞いていたほど高くない。

いや、自分は金銭感覚がおかしいので(ものの値段にうとい)、高いのかもしれない。

でも、往復で30£だから、3600円ってそんなに高くないよね?

…というわけで、とりあえず、今日の使命は果たした。

そのあと、風邪薬などをかって帰宅。

明日の学校にそなえて、薬のんで早く寝ようと思っていたのに、もう、23時だよ。

しかし、いろんな困難も「冒険」みたいなもんだから、楽しみとする。

まあ、本格的な被害を被っていないからかもしれないけどね。

がんばれ、わたし。