山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

毎日jpに記事書きましたり。

毎日新聞の女子向けサイトに今夜オンエアの「オイコノミア」のことを書きました。

昨夜、アップしたのと大同小異ではありますが、一応、女子向けってことを意識しております。

この世は宣伝、広報が大切なんで、ひとつ。機会ありましたら…。

「毎日JP」キレイナビ

このサイト、9月は「ニートの歩き方」について書いたんですけど、タイトルは「働きたくないひとへ」。

これが、アクセス数トップだったそうです。

なかなか、感慨深いっすねえ。

「キレイ」になりたい女子のためのサイトであり、テーマも、そっち系が多いんですけど、自分は好き勝手に映画や本のこと書かせてもらっているんだけど、「働きたくない」がトップアクセスになる…。

ふうむ。

もはや、女子は、キレイになることより、働くこと(もしくは、働かないこと)に興味があるのかもしれません。

だってね。

そもそも、なんで女子は「キレイ」になりたかったのか?

それは歴史をひもとけばわかるように、「キレイ」になって、良き男に見初められ、一生安泰のパスポート、つまり、結婚をするためだったんではないでしょうか。

そのなごりがあって、今でも、女子は「キレイ」になることに必死です。

けどさ。

もはや、オスに食べさせてもらうばかりが、ヒューマンビーイングの生態ではありません。

昔の生物学の教科書になら、「人類という動物は、オスは獲物をとり、それをメスに分け与え、メスが子孫を育てています。オス同士は、時に餌やテリトリーを守るために、凄惨な闘い(人類はそれをセンソーと呼んでいます)をします。また、メスはいいオスに選んでもらうため、必死で身繕いをします」

って書かれてたと思うの。(教科書は架空のものですよ)

けどさ。

人類の生態は変わりました。

今や、メスでもセンソーに行くし、獲物も獲るし、殺戮もいたします。

そして、「キレイ」であることだけが、メスの生き残り戦略ではなくなった…、かと思います。

あれ、ナンの話でしたっけ。

そうそう。

今夜の「オイコノミア」よろしく。

そして、毎日jpの記事もよろしく。

というお話でした。

「生物学・人類」については、また、後日。