山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

演技ってなに?演出ってなに?

3ヶ月に渡って、ハリウッドに通い、撮影したドキュメンタリーがもうすぐ、放送です。

「ハリウッド 名門演劇学校の90日~心に挑む メソッド演技法~」

10月25日(金)よる10:00~10:43  @wowow 「ノンフィクションw」



ブラッド・ピット似のRichard Rocco(28)とスペインから来た美少女 Lucia Diaz(18).をメインで追いかけました。



こちらは、メソッドの基本、センスメモリーの様子。

センスメモリーとは、直訳すれば、感情記憶。

つまり、過去の感情を呼び起こして、演技に生かす、ってことですね。

初見だと、夢遊病者たちの戯れに見えますけど、センスメモリーが演技にもたらす効果といったら、本当にすごいです。

もともと2年前に柳楽優弥くんとハリウッドに行きました。

名門 リー・ストラスバーグ演劇学校で、柳楽くんが演技を学んだんです。

リー・ストラスバーグは、ゴッドファーザーPART2で、マフィアの悪い人を演じた、名優ですね。

演出家でもあり、かのアクターズスタジオの芸術監督であり、メソッド演技法を確立した人物でもあります。

メソッドはマーロン・ブランド、ジェームス・ディーン、アルパチーノ、はじめ、「私もちゃんとした演技をしたい」といった、マリリンモンローまでもが学んだ、芝居の極意です。

最近だと、アンジェリーナ・ジョリーやスカーレット・ヨハンソン、今年、アカデミー助演男優賞をとった、クリストフ・ヴァルツもこの学校で学んでます。

アカデミー賞への近道!?

どうやったら、まるで、本人みたいな演技ができるのか?

それをとことん追求したのが、メソッド演技法なのです。

で、それを教えているのが、ウエストハリウッドにある、リーストラスバーグ演劇学校(ニューヨークにもあります)。

柳楽くんとここを訪れて、はじめて、メソッドを知ったのですが、いやー感服。授業も教師たちもなにもかも面白くって、そこで、どうしてももう一度、じっくりメソッドを知りたくて、このような企画を立ち上げました。

仕事、というよりも、自分自身がもっと知りたかったんです。

で、まさに、学校に通う生徒(未来の俳優)たちが、メソッドを通じて、どうやって演技を獲得していくかを間近に見ることができました。

ヒューマンドキュメントの部分もややありますが、結構、Whati is method? になってます。

ふむふむ、こうすれば、役者の芝居が変わるのかーって、演出とか全然わかってない、自分にとっては、取材中も学ぶこと多すぎて,とても刺激を受けました。

主人公のロコは、父親がドラッグディーラーで刑務所出たり入ったり、母親はドラッグ中毒、養護施設で育ち、一時はホームレスになったこともある人。その後、米軍入って、イラク戦争へも行ってます。イラクでは爆撃受けて、意識を失い、リハビリに3年かかったといいます。

まさに、アメリカ!って感じの経歴です。

でも、すごく穏やかで楽しい人だった。

そこらへんの部分をもっと伝えたかったけど、今回は、メソッドに収れんしました。

彼はもうすぐテレビドラマも決まっているから、あっという間にスターになると思いました。

ルシアはまさに美少女!

歌もうまくて、かわいかった。でも、キャラは、親しみやすくて、すっかり友達みたいでした。

私のことを「ママ!」って呼んでたけどね。

WOWOW加入の皆様もぜひ!