山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

映画監督・渋谷昶子さん

悲しいお知らせです。

2月1日(月)18時すぎ

映画監督の渋谷昶子さんが、逝去されました。

久しぶりのお見舞いに伺い、一緒にでかけた親しいひとたちと、ご飯を食べたすぐあとでした。

あまりに突然のことで、どうしていいかわからなくなりました。

苦しまれた時間は短かった…と思いたいです。

いつも通り、ニコニコされてました。

今日は、鰻を食べたので、

鰻、美味しいね、と言って、次はハンバーグ食べに行こうねって言ってて。

次は私が手作りハンバーグ持ってくるから…と約束したのに。

春になったら、お花見行こうね、って話していたのに。

その矢先でした。

最後に一緒にテーブルを囲ませてもらって。

渋谷さんからはいろんなことを学びました。

ドキュメンタリーの作り方。

「撮れば、見えてくる」

「撮れば、次に何を撮ればいいかわかる」

「撮り始めなければ、何もわからない」

「編集はひたすら素材を見ろ」

女性が仕事をして、ひとりで最後まで生きていく覚悟とか。

でも、厳しいばっかりじゃなくて、お酒が大好きで、恋愛も大好きで、

いつも明るく、冗談を言って笑ってました。

私の映画にも喜んで出てくれました。

映画ができて、DVDを持って見せに行ったら、

病室のベッドにいるのに、きりっと座って、プロの顔になって、じっと見てた。

そして、いろいろダメだしされました。

本当に強くて明るくて楽しくて、立派なひとでした。

女性が映画監督になるなんて、無理と言われていた時代に、颯爽とデビューされて、ずっと第一線で監督をやってきた。

渋谷さんに映画に出てもらった時の写真です。



この時、渋谷さんがいったセリフが胸に刻まれています。

「何を強く思って、生きていくか」

台本にはない、渋谷さんの言葉でした。

大好きでした。

渋谷さん、おつかれさまでした。

葬儀などについては、有志による「渋谷昶子さんを見守る会」にて、相談中です。

まだ、何も決まっていません。

こちらにアップしていきますが、詳しいことをお知りになりたい方は、私あてにメールをください。