山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

ソウルにて。

韓国に行って参りました。

到着すると、ソウルは冷たい雨が降っていました。



車のなかから、ペットショップが見えて、少々、不安に…。



上映会場は、東大門というファッションの町の、大きなビル。



MEGABOXというシネコンでの公開です。



入り口にはパネルが出ていて、嬉しくなります。

さっそく記念撮影。



「愛犬へのメッセージ」を書き込めるようになっています。



なんだか、熱い思いを感じてうれしいです。



上映後、花束をいただきました。

会場は熱い雰囲気で、質問も受けました。

「重いテーマなのに、なぜ、軽やかな音楽を使ったのか?」とか

「福島で保護された犬と猫は今、どうなったのか」とか。

お客さんは圧倒的に若いひとたちで、パワーを感じました。



その後、国会議員の方とパン・ウンジン監督とのトーク。

パン監督は元女優さんですが、近年精力的に映画を撮っている方。

韓国の動物保護はどうなる?というお話し。

韓国はまだまだ、日本の方が進んでいる、と聞いて、複雑な思いが。

日本もまだまだですし。

けど、映画で伝えたように、変えることはできるはず、と応えました。

最後にパン・ウンジン監督と記念撮影。

次に保護犬をテーマに映画を撮る!とのことでした。



1泊2日で、慌ただしかったですが、韓国のお客様に会えてとてもよかったです。

これから、変えることができる!

そういう力を感じました。