山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

横浜上陸するぜよ。(龍馬風?)

今日は、早起きをして(…といっても、当社比ですが)、横浜の黄金町という町に行って来ました。

なんで、行ったかというと、友人の阿川大樹さんが、とてもよいお話を持ってきてくれたからです。

阿川さんは、黄金町におしゃれなオフィスを構えています。外景を撮影しなかった、間抜けですが、まず、通路はこんな感じ。



京急の高架下にあるのですが、真新しい木の香りがして、どっか外国のアーティストの家、みたいな感じです。

で、オフィスはこんな感じ。



奥のデスクで執筆中なのが、阿川さんです。かっくいいです、スタジオが。あ、阿川さんも、です。



となりは、いろんな旗が展示されているギャラリーみたいになっていて、これもまた、かっけーでした。

で、ここから徒歩数分のジャック&ベティという映画館へ行って来ました。ここですね、来月、一週間、ふたたび、映画「すべては海になる」を上映してくれるというのです。やった!

で、ありがたいお話なので、なんかイベントできないかなーって相談に行ったのでした。この映画館につなげてくれたのが、阿川さんでした。いやあ、ホント感謝です。ありがたいです。いいひとです。

で、イベントなどの相談をしたあと、阿川さんと夜ご飯を食べました。といっても、自分は朝ご飯ですが。で、驚いたことは、阿川さんって、これまでの人生で、「うえーやりたくねー」とか思ったこと1度もなかったって。
それが最近、1度だけ、「やる気なし」の気分に襲われたことがあって驚いたって。

驚いたのはこっちだよー。そんな、ずっと、“やる気マンマン”のひとが、この世にいたとは。そーかー、いるんだ、やっぱり。じゃあ、すぐ負けちゃうよなあと思った。自分など、人生の8割がやる気ゼロデシベルで、残りの2割を強引に育てて今日まで来たっていうのに-。

いったい、なにがちがうんだ?

でも、そのやる気のおかげで、自分の映画がまた、上映されることになったので、やる気万歳です。やる気偉いぞ、いけいけ、やる気だっ。

飼い主は…いや、飼い主じゃないや、映画の監督は(ワレです)、自分の映画をもっと見てもらえるように頑張ろう。

実は帰りに品川で、一本映画を見まして、いや、これが、ずいぶん、派手に残念な作品で、でも、それなりにヒットしてたらしく、あーこんなん…あーこんなんが…とやや、落ちました。けれども、それはそれじゃん。ひどいと思ったものを批判している暇あったら、もっとよいもの、自分で作る努力をしなくっちゃね。

まずは、5月、横浜上陸!!であります。

しあわせだー。