山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

中学の入試問題に!

ゴールデンウィークも終わり、ようやく目が覚めてきたわたくしです。

映画「犬に名前をつける日」の原作本(キノブックス)が

2019年の日本大学中学校の入試問題に使用されたそうです。



どのあたりがどのような問題になっているか、知りませんが

とても嬉しいです。

まさか、自分の書いたものが国語の問題になるとは。

人生、生きてみないとわからないなー。

(およそ、学校の先生から嫌われ続け、否定され続けてきた身からすると、

 不思議ですっせ)

で、この後、その入試問題が、参考書などに転載されるそうで、

2つの出版社から連絡をいただきました。

その際には、問題文を読むことができるのではないかと。

楽しみです。

(以前も、「もしも、この世に天使が。」(講談社)が入試問題になりまして

問題文読んだら、「作者の意図」がとてもよく伝わっていて、感涙でした)

この後も、犬ものは続けてゆきます。

最近、出会った多頭飼育のなかの一匹。





手術を待つ君。






不幸な命がなくなりますように。