山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

世界とわたし。

今日は、下北沢で「シャープさんフラットさん」(ケラリーノ・サンドロビッチさん演出)を見ました。最後まで見ると、タイトルの意味がわかるようになっている。まわりに理解されない劇作家が主人公です。ものつくりを生業とするひとの苦悩が痛いほどわかるので、あまりクールには見れなかった。

自分は世界とずれている…と感じているのは、自分だけではない…ということかもしれない。まあ、少なくとも、自分は世界とずれている実感あるけど、ほかのひともそうなのかなー。だいたいのひとは、適当に折り合いつけて、うまくやっているような気がする。

とはいえ、世界とずれているかどうかは、まあ、どうでもいいか。それが特別困った事態を引き起こさない限り、世界とずれていても、こっちはいっこうにかまわんぞ。

あーあ。

家に帰ると、「HEROES」の2と「再会の街」のDVDが届いている。「HEROES」そんなに見たくないけど、つい注文してしまった。つい、つい。

そんなわけで、これからDVDを見るかどうかは、わからん。