山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

怪談のDVD、つくりましたん。

今日は、弊社、(株)スモールホープベイプロダクションの仕事の紹介です。

8月1日に弊社制作DVDが発売となりました。

その名も「放送禁止!! 最恐芸人の本当にあった怖すぎる話」でございます。





いきなりの2本同時発売です。

2009年に会社を立ち上げましてから、自社制作のDVDは2本目になります。

1本目が、上野千鶴子さんの東大退職記念講演「生き延びるための思想」であり、

2本目が、コレ、ですよ。

お笑い芸人さんの怪談話。

この脈絡のなさ!ホントにもう自分の人生のように、あらゆるところに手を広げてしまいました。

とはいえ、このDVD、面白くできたんです。

もとはといえば、かつてADさんだった、ラリー遠田くんの企画。

ラリーくんはADをやめたあと、「お笑い評論家」として活躍。

ツイッターだったかなんだか、とにかく、最近、会うことがあって、なんとなーくの談笑から生まれたものです。

怪談とか怖い話は苦手だったんですけど、できあがってみると怖い話は結構怖いけど、なんといっても、このDVDの白眉は、芸人さんたちの座談会!

すげえ、面白かった。

収録中に笑い過ぎて泣きました。カメラマンも笑って、映像がぶれたかも…と心配するくらい。

怖い話をするに至った経緯を話しているんだけど、それが、本当に笑える。

怖い経験の裏にある、笑うしかない、リアルな出来事。

とくに、BBゴローさん(この企画をやるまで、存じ上げなかった…)の話が、おもしろしぎる!

そんなわけで、絶賛発売中。

たぶん、レンタルにもでているので、オリンピックに飽きた方は、熱帯夜のお供にぜひぜひ。

ひやっとして、そして、笑って、幸せに眠ることができると思います!

(ちなみに、昨晩「桐島、部活やめるってよ」の原作を読みましてね、いやー、考えることいっぱいあったから、それは明日以降に書こうと思います)

今、実は、すっごく、うわって感じの出来事に巻き込まれているんですけど、そういうとき、本や映画や小説や音楽がやっぱり、自分を救ってくれる。

ちがうステージに連れ出してくれる。そのことを実感しながら生きてます。(余談)