山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

猫塚、白犬の墓

昨日、東京に戻ったばかりですが、今は、香川県高松市にいます。

なにをしているかというと…ヒント1.



並んでます。

でもって、なにを待っているかというと…なにやら、白いものが…ヒント2



はい、正解。うどんです。



讃岐うどん、食べに来ました!

っていうのは、間違いではありませんが、明日、お世話になったコーディネーター(男子)の結婚式が、この地であるので、前日入りした次第です。

同じ式に参列する後輩とともに、空港で車を借りて、うどんやさんめぐりをしました。

しかし!

双方、寝坊なため、到着は午後1時過ぎ。うどんやめぐりを始めたのは、午後2時くらいで、レンタカー屋さんおすすめの店に向かいましたが、「終了」の看板が…。

気を取り直して、次なる店を調べて、走りましたが…、二件目も、「終了」

おお、どこまでも間に合わない。ほんのちょっとの差で終わってしまう。

まるで、私たちの人生みたいね…と笑いました。

が、笑っている場合ではなく、四国について、3時間たっても、お昼にありつけない私たち…。

しかし、ぎりぎり三軒目で行った、製麺所でめでたく、うどん食べました。

そして、16時再開の店にも行き、ここでは、有名な「釜揚げうどん」も食べましたー。

ふーおいしかったー。

その後、iphoneのマップをいじっていたら、近所に『猫塚』なるところがあることを発見。

同行者は大の猫好きでありまして、私も少なからず猫に愛を感じておりますので、「猫塚」見学に行きました。

だって、なぜ、「猫塚」なのか、知りたいではありませんかー。

で、たどり着いたのが、ココ。



高松市内を展望できる、小さな丘の上に、猫塚はありました。

石が積み上げられただけの、古墳です。

もしかして、「猫の形」をしているのではないか。

特別な「猫」を祭っているのではないか。

いろいろ想像をめぐらせて、近くにある説明の看板を読みました。



しかし、何も書いてない!

近くで遊んでいた子供に聞いても、「知らんわ」といわれ、近くには、「姫塚」というのもあって、ここは、「姫を祭っているから姫塚」と非常にわかりやすく、さらに、「小塚」というのもあって、「この付近では一番小さいので小塚」とあり、なんでもとてもわかりやすい。

なのに、「猫塚」の説明がない…!

いろいろ想像しながら、ホテルに入りました。

で、今、これを書いていて、無事、グーグルさんの協力により、猫塚のいわれがわかたのですが、それについては後ほど。

そして、調べるうちに、「白い犬の墓」というのも、この近所にあり、そのいわれを読むと、そここそ、私が行かなければならなかった場所だったのではないか…と反省しました。

「白い犬の墓」とはですね、江戸に暮らす心優しい姫の家にあるとき、白い犬がやってきて、屋敷に入ろうとした。門番は止めたけど、犬はなんともしても入ろうとしたので、門番はその犬を切り捨ててしまった。

この話を聞いた姫はたいそう悲しみ、その白い犬を寺に葬ったそうです。

それから、時が流れ、その姫が亡くなり、姫の故郷である、この地(香川・高松)に、姫の亡骸が戻ってきた。そのとき、途中から、ひっそりをついてくる白い犬がいたという。

姫が地中に埋められるまでは、いっさい、食べ物を口にせず、ずっと寄り添っていた。そして、姫が葬られたら、世にも悲しく「くーん」と鳴いた。

犬は姫を運んできた者たちとともに、戻るために船に乗った。しかし、その犬は、船が沖に出ると、自ら、海に飛び込んだという…。

うーいい話じゃないですか。うーさすが、犬じゃないですか。

その犬を祭った墓があるそうです。

行きたかった。明日、いけるかなー。

というわけで、これから、高松市内夜の部です。