山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

愛し合うとは何か?

友達が割とまじめに婚活していて、その姿を見て、男女における愛情って、いったい何だろうなーとしみじみ思いました。

時代の流れもあって、自分は、恋愛からすべての男女関係は始まると思ってきたし、実際そうしてきた。けれども、結婚を前提にしたつきあい…という考え方もあるようだ。今、熱い思いがなくても、将来うまくやってゆけそう…という理由で相手を選ぶ。そういう視点もあるということ。

もちろん、かつてはこっちのが優勢で多くのひとが、親や親戚や会社の上司の勧める、「安心な相手」と見合いし、結婚してきた。最初はおそるおそるでも長く暮らすうちに愛情が生まれ、子どもが生まれれば、親として人生を一緒にやっていったのだろう。そういうあり方もありってことか。

恋愛で始まった関係であったとしても、長い時間が過ぎれば、関係は多少変容する。いつまでもラブラブってわけでもない。…ないかな?“見合いで知り合ったけど、途中から恋愛になって、それで結婚した”と結婚式のスピーチで言っていた友達もいたから、「見合い」は出会いのひとつでしかないと思えばそうか。

婚活している友達がいると思えば、同世代の知人から、「夫が亡くなりました」という連絡をもらった。長い間ふたりで生きてきたから、これからどうしていいかわからない…というようなことが書いてあった。そう、そういうことも起こる。

実は今、「もてる女ともてない女」の二人旅をシナリオにしていて、いったい、「もてる」ってなんだろう、その先にあるらしい愛情とはなんだろうと考えている次第です。もてる=愛されやすいってことだよね。だから、女性誌は必死で「モテ」特集をするし。美人だから必ずしももているというわけでもないけど、でも、外見のキレイなコが圧倒的にもてる。だとしたら、愛情の始まりの根拠ってなんだろうかと。まあ、エロス的な問題になるわけですが。

しかし、そのようなエロスの時代が去ったあとの愛情はどうなるのだろう。ちょっとだけ思ったのは、男性はいくつになっても愛情の発端がエロス的であるのではないかなーということ。こればっかりは、治らんのではないか。

だからなー、年齢が上がると男女の気持ちはますますすれ違うのではないか…?と思ったりもしたのでした。

わからんが。