山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

海をみていたミニ。



ある日、海を見に来たミニ。



海は、穏やかな秋の光で、キラキラと輝いていた。



ミニ、思わず笑顔になる…。

ということで、昨晩深夜より、逗子に来ております。逗子の家を閉めることになりまして、家具の移動と処分などをしております。海の見える部屋を持つことは幼き頃からの夢でありましたから、それが実現できて良かった。けど、もうひとつの、もっと巨大な夢のために(…そう、映画でございます)、ここを手放すことにしたのでありました…。

今日は朝から、パッキングをしていたので、お昼は、ゆうき食堂で買って来たお刺身弁当、夜は、地元のお寿司やさんからにぎり寿司をとって、簡単にすませました。明日までいて、作業するので、明日は久しぶりに、葉山のデニーズにでも行こうかな…と思っていたら、今月いっぱいで閉店するようです。

逗子のデニーズ閉店!

自分は、あの店、「葉山のデニーズ」って勝手に呼んでました。あそこ、葉山じゃなくて、まだ、逗子市だったんだー。葉山マリーナに近いし、なにしろ、ファミレスなのに、海が見えるんですもの。もちろん、24営業なので、よく深夜にご飯食べに行きました。もうすぐ閉店とあって、明日あたりは混雑するから、避けたほうがいいんだろうなあ。ちと、さみし。

しかし、なにごとにも終わりはある。出会いがあるから別れがあるのだー!と前向きに考えることにして、8年間、遊び場だった、逗子の家を閉めることにしました。充分、楽しい時間を過ごさせてもらった。

たくさんの友人が遊びに来ました。いつも大宴会をしていました。最高で20人くらい、泊まってたし…。その間に、海が大好きだったカナが遠くへ行ってしまったり、いろいろあったけど…、次のシーズンに旅立つのでした~。

当分は、都内の家に物が増えることになるので、片付け大変だけど…、まあ、それはそれ。

逗子の家に遊びに来てくれたみなさま…サヨナラ、またね。