山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

イメクラで求められるもの

ちょっと時間に余裕ができまして、2日続けて、来客があり、昨日の人々は朝の4時までいらしたので、ブログをサボっておりました。

さて、その小宴会にて、話題を集めたのが、「イメクラ」でした。

イメクラというのは、イメージクラブの略かと思われますが、いわゆる風俗産業のひとつです。

男性が自分の好みの物語を作成し、そのストーリーにそって、イメクラ嬢がその相手役を演じる…というものです。

単純に性行為を行うのではなく、物語の設定にそって、行う…というものですね。

なんだか、面白いですよねー。

で、さんざん、その話を聞いていたわけです。

まず、お客さんである男性は、来店すると、「やりたいこと」を紙に書くそうです。設定を書き、女性の衣装を選ぶ。

話してくれた方は、わりと細かくシナリオを書くほうで、たとえば、「上司と部下が残業中につい…」みたいなものがお好みとのことでした。

女性のほうもかなりの演技力が必要かと思いますが、話者いわく、演技力のある女性が多いとのこと、そのような設定のある風俗を楽しむタイプの女性が働いている…とのことでした。

なんか、ひっかかるでしょう、面白いでしょう。

で、話者は「これまでに頼まれた設定で、変わっていたものにはなにがあるか?」と尋ねたそうです。

いい質問ですよねー、知りたい、知りたい。

すると、「あと30分で墜落する飛行機のなかの、機長とスチュワーデス」というリクエストがあったそうです。

「負けた!と思いますね」と話者。

なるほど。確かに、ほほう…というような設定です。そんな、まさか、命が危険なときにそんなことするのかしら…と思ったり、生命の危機を感じる時こそ、燃える…ということもあるのか…とかいろいろ考察しました。

で、思ったのは、ぜひ、イメクラで、リクエストの多い設定ランキングとか出してほしいなあと。同時に、「これは驚いた」という設定も発表してほしいなあと思いました。

すべての男性がイメクラに通うわけではないと思いますけど、そこでリクエストされる設定を見たら、日本の男性が抱いている幻想がはっきりわかっておもしろいんじゃないかと。

いや、しかし、案外、想像の域を超えないのかな。

上司と部下とか、社長と社長秘書とか、先生と生徒とかね…。なんか、想像つきそう。

思っても見ない設定あったら、知りたいけどね。

そんなわけで、バカ話(いや、案外、奥の深い話)をしているうちに、夜が更け、朝が来てしまったのでした。

おかげで、今日は眠くて、使い物になりませんでしたよーって自業自得ですが。

てなわけで、休息しております。