山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

その後のホットケーキ

再び、豆腐入りホットケーキを作ってみた。

材料はこんな感じ。



前回も使用した、成城石井の粉と牛乳、伊勢丹の豆腐半丁、卵。

前回、おぼろ豆腐一丁入れたら、豆腐臭が気になったし、水分多すぎて、ぺたっとしてあまりよろしくなかったので、半丁にしてみた。



豆腐を泡立て器でとことんつぶしたあとに、牛乳を入れ、卵も加える。

今回は大丈夫なんでしょうね、と見守る犬たち。



大丈夫さ、見ておいで、と宣言して、粉投入。



さらに思いついて、生クリームもいれる。(偶然、あったから)



そして、焼きを入れる。



香ばしい匂いに、はるるが近寄ってくる。



だめだめ、と追い払うとすごすごと退散。

それぞれの形で焼き上がるのを待っている。



なかなかいい焼き色がついた。



再び、偵察にくる、はるるさん、推定2歳、独身。



さて、できあがり。



この日のために、石井で買った、高いバター(ワンパックで1000円くらいした)と、イギリス製のシロップ。(ゴールデンとついてたので、買った。ゴールデンってすごいって意味でしょ?ゴールデンレトリーバーとかさー)



全体にぺったんこである。

だいたい、豆腐を入れるとふくらまなくなる。なにか化学的根拠がありそうだけど、しっとりはする。



テレビ屋らしく、断面図も見せよう。

味はねー、ううむ、いまいちであった。

初めて豆腐を入れて作ったとき、こんなに美味しいなんて!と感激し、以来3回目なんですが、最初の時ほどの感動がない。

そんなに美味しくない。豆腐が入るとさっぱり味になるけど、よく言えばしっとり、悪くいうとべっちゃりして、ホットケーキ、パンケーキの持つ、あのケーキ感が失われる。

ふわふわ、やわらか…な食感が好きなひとにはお勧めだが。

自分はちがうのだ。なめらかプリンとか嫌いというか憎んでさえいるからな。

プリンはちゃんとオーブンでしっかり焼いたやつが好きだ。ホットケーキもそうだ。

じゃ、豆腐なんか入れるなよってことだが。

呆れて、寝込むはるる。



そんなに気にいらないなら下さい、とテーブルの下でねばる、なつ。



日本が変わろうとしている時(?)に、お目出度いことであった。