山田あかねの一喜一憂日記

テレビディレクターをやりながら、小説書いてます。映画も撮りました。脚本なども書いてます。 本、買って下さいね。

世界一の朝ご飯に挑戦なのか。

今日は日曜日なので、世界一の朝ご飯とか言われる、billsのパンケーキでも焼いてみようと思い立つ。

もちろん、調理開始時間は夜の7時。ちっとも朝じゃないが…。

webで検索すると、レシピをひろうことができた。

材料は以下のごとし。



特徴は、リコッタチーズを入れること。その分、ミルクと粉は少量である。



もうひとつのポイントは、卵を卵黄と卵白に分け、卵白を泡立てること。

ひと手間ではあるが、電動泡立て器があるとさもない。



泡立てた卵白と、他の材料をざっくり混ぜた感じ。



焼く。

最近、パンケーキを焼くとき、学んだこと。とにかく、フライパンをとことん、熱する。(サラダオイルなどをひいたあとに)。

でもって、焼く前に火からおろして、濡れ布巾の上で休ませる。

こうすると、よい焼き色になる。



が、おっと、このレシピだといつもより、キツネ色っぽくないなー。

まあ、いいか。レシピでは無塩バターで焼けとあるが、有塩しかないので、サラダオイルで焼きました。

焼き上がり。



いつものように、バター、ゴールデンシロップ、バナナ、生クリームをトッピング。



で、夜の8時頃、世界一の朝食と言われるパンケーキを食べる。

ううむ。

どうなんだろう。ちっとも世界一じゃないんですが。

自分のパンケーキランキングのなかでも、3位か4位くらいではなかろうか。



リコッタチーズが入ってるせいか、非常にしっとりしている。

いわゆる、もちもちの食感である。

こういう、美味しいっていうのか?

自分はこの手の「とろけるような」とか「ふわふわ」とかいう食べ物が苦手である。

ふわふわプリンとか、とろけるプリンとか、暗殺したくなる。

プリンはしっかりオーブンでやいた、焼き色の付いたトラディショナルなものがすきだ。

パンケーキもしっかり、ケーキらしさを主張してほしい。

実は、billsは七里ヶ浜店に、開店当初行ったのだ。



この時もいまひとつ、味がわからなかった。

ふわふわしていて、ややもすると、生焼けちゃうんかい?という気分で。

つまり、自分は古い、遅れている人なのでしょうか。

とろけたり、やわらかい、ケモノが好まぬ食べ物をありがたがることができない。

うちの犬なんて、スペアリブの骨をですね、ガシガシかじるのが好きなんですよ。

やはり、ケモノ(自分、含む)は、しっかりかみ応えのあるもんを食べるべきだ。

…というわけで、夜に作った朝食ですが、(そのせいなのか?)、いまひとつでありました。

リコッタチーズが入っているので、とても軽く、いわゆる「粉もの」を食べた時のもたれるような感じがなく、ハッと気づくと3枚も食べてしまいました。

……え?

じゃ、美味しかったんじゃないのか…テヘペロ。